映画

グッバイ・クリストファー・ロビンの見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

「くまのプーさん」を書いたA.A.ミルンと息子クリストファー・ロビンの人生を描いた、日本未公開作品です。時代的に上流界ではナニーが子供を育てるのは普通で、寄宿舎学校は未だにセレブの子供が通う所です。ブルーとビリーの共有した世界では対等な人間だったからこそ、生まれた本です。現代でも奇跡だと言えます。

映画 グッバイ・クリストファー・ロビンが配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
auビデオパス
TSUTAYA TV
本ページの情報は、2019年11月03日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

FODには1ヶ月無料お試しキャンペーン期間があります!があります!
さらに、無料期間中に解約することもできるのでオススメです!

グッバイ・クリストファー・ロビンのあらすじ・見どころ

1916年アラン・ミルンは第一次世界大戦からロンドンに戻ります。妻ダフネは美しく社交的でパーティーが好きな、アランとは反対の性格です。ダフネは生んだ子が男の子と知ると、戦争に取られると泣きます。アラン(ブルー)は「戦争を終わらせる為の戦争」だから、もう戦争は起きないと言います。男の子は、クリストファー・ロビン(ビリー)と名付けられます。
乳母兼家政婦オリーヴ(ヌー)を雇い、アランは劇作家妻は社交界と家を空ける日々が続きます。同時にPTSDで大きな音と光が苦痛なアランは仕事に支障が出るようになり、静かなサセックスに越し執筆すると決めます。
ブルーがなかなか執筆に取りかからず、ダフネは怒ります。戦争廃絶の本を書きたいのですが、ダフネは「戦争」は「水曜日」と同じで、必ず来るものだと反論します。ダフネは原稿が出来るまで帰らないと、ロンドンに行きます。ヌーの病気の母親の容態が悪く、実家に戻ります。
うるさい存在でしかなかったビリーと2人になり、お話しをせがまれます。ビリーとブルーは森や川で遊び、言葉遊びと空想の世界を作ります。挿し絵画家アーネストが遊びに来て、ビリーと作った詩を見せると気に入ります。
ビリーのお気に入りのぬいぐるみたちにも言葉遊びに合う名前をつけます。アーネストは森やビリーのぬいぐるみをスケッチします。ビリーはビリー・ムーン(ミルンをムーンと発音)で、詩の男の子はクリストファー・ロビンです。ブルーは家族でアランは作家、テディベアのエドワードは詩ではプーです。アーネストはプーをビリーと絵にし、ブルーはダフネに手紙として詩を送ると、ダフネは素晴らしい原稿だと雑誌社に送ります。
「ウィニー・ザ・プー」がヒットしダフネが戻り、母親が亡くなったヌーが戻ります。「クリストファー・ロビン」に取材やファンレターが殺到します。ダフネは取材を喜び、ヌーは反対します。
ビリーはアランが多忙になり、ブルーと遊べなくなります。アランはクリストファー・ロビンがビリーではないと戸惑いますが、ダフネや世間はビリーが愛称だと認識します。ビリーはまたヌーと2人の生活となり、ヌーに恋人が出来ショックを受け、ダフネに話します。
ダフネは失格だと責めクビにし、ヌーはビリーを大切に守るべきだと伝えて去ります。アランはビリーがダフネが指示した取材スケジュールを、寝る直前までこなしていたと知ります。アランはビリーにもう書かないと約束します。
ビリーは寄宿舎学校に転校し、クリストファー・ロビンだといじめられます。学生たちが兵士として卒業する中、ビリーは両親の希望で帰宅しますが、ビリーはただの兵士として戦場に行くと決めます。
駅に見送るとビリーは、ブルーとの唯一の思い出はネタでしかなかったことに傷つき、クリストファー・ロビンしか存在しないとアランに伝えて去ります。
1941年、アランは行方不明で戦死推定の知らせを受けます。ヌーはアランが訪ねてきただけで察し泣きます。ダフネとアランは会話をすることがなくなります。
アランはビリーが帰宅するのを庭で見ます。ダフネは泣いて喜び、ヌーはビリーを抱きしめます。森に行ったビリーはアランに戦場でウィニー・ザ・プーを知らない人はいなかったと話し、誰もがどこでも暖かい気持ちになれる魔法の本だったと話します。

0 0 vote
Article Rating
この記事を読んだ人が読んでいる記事
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x