映画

ア・フュー・グッドメンの見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

キューバ米兵隊基地で隊員の死亡事件が起こります。上層部を相手に軍法会議で真相を追及するサスペンス映画です。常に死を覚悟する隊員と、野球に没頭して駆け引きするキャフィはどちらも軍人ですが、かけ離れた現実を生きます。殺人は犯罪ですが、戦争やそれに近い状況に置かれる兵たちにとっての現実を考えてしまう作品です。

映画 ア・フュー・グッドメンが配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
TSUTAYA TV
本ページの情報は、2019年10月03日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

ア・フュー・グッドメンのあらすじ・見どころ

キューバ、グアンタナモ米兵隊基地で寝ているサンティアゴ1等兵が、口に布を詰められます。
法務官ジョアン・ギャロウェイ少佐はドーソン上等兵が違法発砲を密告され、ダウニー1等兵と暴行し1時間後に死亡した事件を担当したいと名乗り出ます。「コード・レッド(R)」によるものだと主張します。コード・Rは暴力的制裁を意味します。
上官たちはジョアンが2年で3件しか弁護を扱っていないことから、9ヶ月で44件示談を成功させている法務官ダニエル・キャフィ中尉と補佐にサム中尉をキューバに送ります。キャフィは簡単な事件だと考えますが、ジョアンが調査を命じます。
サンティアゴの手紙はコードRの状況から転属を希望する内容で、最後に密告内容が記されています。それを読んだグアンタナモ基地の司令官ネイサン・ジョセップ大佐は、副司令官マシュー・マーキンソン中佐が転属させようとするのを止め、小隊長ジョナサン・ケンドリックに鍛え直すよう指示します。
ドーソンとダウニーの名前さえ覚えていないキャフィは、ジョアンにコード・Rを聞かれます。被告たちはコードRを行ったと認め教育と説明します。教育で毒の染み込んだ布を口に押し入れた事を隊規を守るためと答えます。検察側のロス大尉は、キャフィにケンドリックはサンティアゴに手を出すなと命じていたと伝え、司法取引を持ちかけキャフィは引っ掛かります。
ジェセップは翌朝の1番機で転属させるつもりだったと答えます。ジョアンはコード・Rはあるのかとしつこく質問し、あったとしても驚かないと言われます。マシューが消息不明になり、ジョアンとキャフィはケンドリックが「手を出すな」と命じた5分後に、被告たちにコード・Rを命じたと確認します。ロスはそれを承知で、取引するべきだとキャフィに伝えます。ドーソンたちは命令に従っただけと、取引に応じません。ドーソンたちの減刑か、誇りかにキャフィは悩みます。
裁判で被告たちの無罪を主張し、キャフィ、サム、ジョアンは準備を進めます。軍法会議が開かれ、ロスは密告を恨み被害者に毒殺を試み中毒死に至ったと主張します。
コード・Rの存在を証人に証言させます。キャフィの車にマシューが現れ、サンティアゴの死後5日目に転属の書類にサインし、コード・Rはジェセップの指示だったと話すマシューに証言を頼みます。
ダウニーに練習させ、コード・Rの命令を証言させますが、ロスの反対尋問でドーソンの命令だと証言し、マシューが拳銃自殺します。ジョアンはジェセップを呼び証言させると言い、キャフィは激怒します。ジェセップが証言しなければ、キャフィが軍法会議にかけられます。
キャフィはサムに励まされジェセップと対峙します。手紙を読みすぐ転属する手続きをしたとジェセップは証言します。サンティアゴは転属願を14通出していた事実、転属を知らされ電話を1本もかけず荷造りもしていない事実を指摘します。
1番機は6:00と証言したジェセップに、その前の機の記録を揉み消したことを証言出来る人物がいると攻めます。転属命令を出したのにケンドリックが「手を出すな」と命じたのは、矛盾ではないかと追及します。ジェセップは国を守るのはお前ではなく自分だと怒り、コード・Rを出すのも自分だと怒鳴ります。
陪審員の評決は殺人と殺人共謀について無罪、軍規倫理違反で有罪になります。ダウニーは命令に従っただけなのにと嘆き、ドーソンはサンティアゴを守るべきだったと言います。

0 0 vote
Article Rating
この記事を読んだ人が読んでいる記事
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x