映画

レインメーカーの見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

マット・デイモンが弁護士ルーディを演じます。少々長いですが、軽快な音楽でロースクールを出たルーディが初法廷に立つまで進むので、飽きません。ルーディに関わるバーディー婦人やドニー・レイ、ケリーが観ている側と重なり、ルーディに案内されるように裁判が描かれます。どう振る舞うのかさえ知らない若者の活躍です。

映画 レインメーカーが配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
本ページの情報は、2019年07月11日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

レインメーカーのあらすじ・見どころ

50~60年代の公民権運動で活躍した弁護士に憧れ、法科大学に行き学費の為にバーで働くルーディ・ベイラーは、ブルーザー・ストーンの法律事務所に入ります。ストーンは「ボクサー」と呼ばれるマフィアのような人物です。
ルーディは老婦人バーディーの遺言書の作成と、保険会社グレート・ベネフィット社を相手を相手にした訴訟相談を受けています。ストーンは保険に詳しいデック・シフレットを紹介します。
デックはロースクールは出たものの、司法試験に5回落ち資格を持っていません。元保険会社にいたので、保険のカラクリに詳しい人物です。訴訟を考えているブラック家は貧しいながら、保険料を全て支払っています。息子ドニー・レイが最近白血病と診断され、保険を請求するとベネフィット社は拒否した上で、侮蔑の手紙を送ってきます。
資産家のバーディー婦人は財産を子供たちではなく、テレビの有名人に譲りたいと考えています。ルーディは婦人の敷地内の離れを借ります。
案件探しにデックに連れられ、病院に行きます。デックは事故に遭ったと思わしき患者たちに次々と契約書にサインさせます。ルーディは、病院で酷い怪我をしたケリーに夫が怒鳴っているのを見ます。ルーディの母親が父親に殴られているのを思いだします。事務所で勉強を禁止されているルーディは、病院の食堂で勉強しケリーと親しくなります。
司法試験に受かり弁護士になると、ストーンの身辺が怪しいと感じたデックに誘われ、2人で小さな事務所を立ち上げます。ブラック家の訴訟は、判事とベネフィット社の弁護士レオ・F・ドラモンドが75000ドルで和解を迫ります。
ドニー・レイの容態は悪化しますが、親の心配をします。判事が急死し民権派のタイロン・キプラー判事が担当になります。証言録取でベネフィット社の証人4人のうち2人は会社を辞めたと言われます。
夜中にケリーが殴られて連絡してきます。バーディー婦人にケリーを匿ってもらいます。ドニー・レイが亡くなりますが、裁判を開始します。ドラモンド率いる弁護団は百戦錬磨の強者で、法廷が初めてのルーディは苦戦を強いられます。
ケリーの荷物を取りに行き、暴力夫と揉み合いになり、ルーディがバットで殴ります。ケリーはそのバットをルーディから奪い、帰します。ケリーは殴り殺し捕まります。
自主退職したとされる保険請求処理担当者を探し出します。会社は請求されると全て拒否し、諦めさせるマニュアルだったと証言します。弁護団は証人の素行を取り上げ、証言の信憑性を潰します。
ケリーの正当防衛で起訴されず、保釈されます。ルーディは「盗難資料」ならばマニュアルを証拠品として裁判で使用出来ると気付いたデックの活躍で、CEOのキーリーの指示で作られたマニュアルだと本人が認めます。白血病の骨髄移植は対象外と主張してきた弁護団を、真っ向から否定する会議書類も読み上げられます。
最終弁論はドニー・レイの映像を流します。損害賠償金15万ドル、懲罰的損害賠償金5000万ドルの判決が出ます。ベネフィット社は破産宣言し、ブラック家は破産させたと満足します。ルーディは弁護士を辞めデックと別れ、教育者になろうと決めます。

0 0 vote
Article Rating
この記事を読んだ人が読んでいる記事
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x