映画

JFKの見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

ケネディ大統領暗殺事件を、オリバー・ストーン監督が描きます。国民の結束に戦争が不可避という台詞が怖いです。今作が偏ってるか正しいかは問題ではなく、「仕方ない」と納得して目を逸らすと利用され、奪われるのは権利はもとより末端の国民の命という内容です。権力を保つための戦争で、失われて良い命はありません。

映画 JFKが配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
auビデオパス
本ページの情報は、2019年10月26日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

JFKのあらすじ・見どころ

1963年11月22日12:30パレード中のケネディ大統領が暗殺されます。ニューオーリンズ州地方検事ジム・ギャリソンは部下に聞き、テレビのあるレストランで死去を知ります。インタビューに発砲が丘(グラシーノール)からあったと多くの人が答えます。
リー・ハーベイ・オズワルドが拘束され、はめられたと訴えます。ギャリソンはオズワルドの再調査を始めます。駐車場でナイトクラブ経営のジャック・ルビーにオズワルドは射殺されます。オズワルドと接触したデヴィッド・フェリーをFBIに引き渡すと、無関係と釈放されます。
3年後上院議員と機内で雑談していると、オズワルドが安価なライフルでビル6階から6秒で3発命中させ、FBIは射撃の名手でも再現出来なかったと言います。3発目に至っては、ケネディと知事の体を7回出入りしたと笑います。鉄道員は通行規制された道を3台の車が入り、グラシーノール柵の両端に男が2人ずついたと証言します。
1960年元FBIのガイ・バニスターは、事務所をラファイエット通りに移します。オズワルドがキューバ侵攻反対のビラを配り、反対派と揉め逮捕された場所です。
事務所にいた私立探偵ジャック・マーティンは武器弾薬と兵士を送る拠点で、バニスターが亡命キューバ人に戦闘訓練させ教官がフェリー、スポンサーがクレー・バートランドだと説明します。鉄道員や関係を知る娼婦が不審死します。
オズワルドは17歳で入隊し、ロシア語を習得後除隊します。ソ連に亡命し結婚します。米ソ和平交渉が流れると48時間でパスポートが発行され、妻と帰国します。仕事を紹介され1963年10月から教科書ビルで働きます。
犯行後20分、犯人の逃げた方に近づいた女性は、FBIに拘束され3発以上発砲音を聞いたと話し、2度と言うなと脅されます。バートランドが国際貿易協会元会長クレー・ショーだと分かります。盗聴器が複数見つかり、フェリーの不審死を知ります。
ギャリソンはワシントンでX大佐に会います。大統領のパレードは通常、シークレットサービスの補助に軍が数百人投入されますが、警備担当の隊が非番にされ、閣僚は極東、軍の3割は上空移動中、暗殺の4分後にワシントンの電話が不通になります。波乱を起こせと、X大佐は去ります。ギャリソンがクレー・ショーを告訴した夜、弟ロバート・ケネディが暗殺されます。
裁判が始まり、ギャリソンは1発が7回大統領と知事を往復した「魔法の銃弾」を陪審員に説明します。遺体を検死した民間医たちは前から後ろに撃たれた証言をします。軍の検死官は動きが取れないほど大勢に囲まれ、傷や喉を確認するたびに指示が出たと証言します。
フィルムに合わせて発砲が6回あった説明をします。報告書通りだとオズワルドは5.6秒で3発発砲後、薬莢3つを置き掌紋を拭いてライフルを別に隠し階段を駆け降り、犯行後90秒で警官に姿を確認されます。
ギャリソンは大きな嘘は人を信じさせるというヒトラーの言葉を用い、思考停止させずにオズワルドとルビーに関する資料請求を求めるのが当然の権利で、政府を疑う勇気を持ち、人民を自分たちで守るべきと訴えます。
1969年3月1日クレー・ショーに無罪判決が出ます。
1979年CIAがクレー・ショーを工作員と認め
ますが、ショーの死後5年です。
1988年ギャリソンは上訴裁判所の判事に再選します。資料は2039年まで封印されます。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of