映画

ゴールデン・ボーイの見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

スティーヴン・キング原作の映画です。トッドは虐殺に興味を持ち、目立たず生活していたクルトを脅し過去を語らせます。子供は恐怖を持って死に関心を示す時期がありますが、トッドはクルトを支配し追体験を求めます。クルトは生活を脅かされる危機感と、甦る高揚感で支配権を奪います。ラストのトッドの言葉が余韻を残します。

映画 ゴールデン・ボーイが配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
TSUTAYA TV
本ページの情報は、2019年10月07日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

ゴールデン・ボーイのあらすじ・見どころ

成績優秀な高校生トッド・ボウデンは授業でホロコーストを習い図書館で調べては、その残虐行為にのめり込みます。ある日バスで見かけた老人がナチス高官だと気付き、アーサー・デンカーを名乗るクルト・ドゥサンダーの写真と指紋を取り脅します。
ナチス戦犯を口外しない代わりに、ホロコーストで行われた残虐行為を子細に語ることを要求します。クルトは仕方なく応じ、トッドは連日押し掛け話せと強要します。両親はいつも世話になっているアーサーを夕食に招待し、穏やかな老人の印象を持ちます。トッドは悪夢にうなされながら、そのクルトを支配出来る喜びを感じます。
トッドはクルトにナチス将校の衣装を着せ行進の指示を次々出して狂喜しますが、クルトに目覚める狂気にトッドは恐怖を感じ反射的に止めろと叫びます。クルトは野良猫をオーブンで焼こうとし逃げられますが、笑い出します。
トッドの成績は急激に落ち、友人関係も悪化します。指導カウンセラーのエド・フレンチに呼び出され、クルトがいるのに驚きます。祖父のふりをしたクルトは両親に問題があると話し、世話をすると約束し立場を逆転させます。同情したエドは、次のテストでオールAを取れば良いと言います。
トッドは無茶な約束をさせられたとクルトを責め、クルトは通報すればカメラの前でトッドの名前を連呼し、人の記憶に残れば良いと言います。トッドは続きを聞きたいが為に猛勉強し、オールAを取る頃には残虐行為への関心が薄れます。クルトは今までトッドのしてきた全ては記録され、貸金庫に保管してあり不審死すれば公になると脅します。
トッドは学生生活やデートに没頭します。クルトは近所のホームレスに声をかけられます。男は性的な相手をするから金を払えと要求し、クルトはトッドの脅迫を連想し酒を飲ませて油断させます。酔った男の背中にナイフを刺し、地下室に落とします。
発作を起こしたクルトは死にそうだとトッドを呼び出し、地下室に閉じ込めます。まだ息のあったホームレスが立ち上がり、恐怖を感じたトッドはスコップで殴り殺します。
トッドは貸金庫の鍵を渡せと迫り、クルトは嘘だと告白します。救急車を呼びクルトは病院に運ばれます。クルトの隣のベッドの老人は腕に数字の刺青があり、クルトが誰だか思い出します。翌朝、イスラエル当局やFBI捜査官がクルトを裁判にかけると告げにきます。トッドは首席で卒業し、エドは偽の祖父だったと気付きます。
クルトの正体が報道され、病室で服毒自殺します。報道を知りエドが両親と話したいと訪れると、トッドはエドが成績で脅し性的関係を迫ったと証言すれば、真偽に関わらず汚名は消えないと脅します。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »