映画

ゴーギャン タヒチ、楽園の旅の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

フランスの画家ポール・ゴーギャンの1度目のタヒチを描きます。売れなくても認められなくても自分の才能や価値が倫理観や道徳観に勝ると信じる力があり、世の中が作ったルールや経済活動の間で苦悩します。医師に無責任だと言われると、お前はどうだと返します。ヨテファが裕福になるのと対照的にフランスに帰国します。

映画 ゴーギャン タヒチ、楽園の旅が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
TSUTAYA TV
本ページの情報は、2019年10月06日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

ゴーギャン タヒチ、楽園の旅のあらすじ・見どころ

ポール・ゴーギャンの作品は評価されず、売れないことが存在価値を否定する世界に辟易します。生活に追われず創作活動に没頭する為、未開の地タヒチに移住すると妻メットに伝えると拒否されます。2人には5人の子供がいて、メットは現実的に判断せざる得ません。
1891年、42歳のゴーギャンはパリからフランス領タヒチ島に移ります。理想郷でも生活に現金は必要で、メットに送金と移住を求め離婚を告げられます。心臓発作で倒れ、隣人ヨテファに病院に運ばれます。医師はパペーテで治療をするべきだと薦めますが、西洋化するマタイエアを離れ島の奥に入ります。
森の中でオナティたちに歓迎され、娘テフラを紹介され妻にします。ゴーギャンのノートに挟まる子供の写真で、テフラは家族がいること知ります。テフラの語るタアロア神の物語を聞きながらマタイエアに戻ります。
テフラは芸術家ゴーギャンにとってタヒチを体現する女神となり、刺激を受けひたすらテフラの絵を描き続けます。子供たちにも恵まれ作品の一部をメットに送り、売れた代金を待ちつつ次の作品に取りかかります。創作と自然と家族と全てに恵まれ、ゴーギャンにとってかけがえのない時間が過ぎます。
テフラは村人のように、白い服を着て教会に通いたいと言い始めます。送金はなく次第に食べるのに困るようになります。絵の具がなくなり彫刻にし、作業の過程をヨテファは真似ます。土産物屋の軒先で彫刻や小さい絵画を売ります。値切られますが観光客が購入し、その僅かな現金で白い服を買い、帰宅するとテフラが裸で横たわっています。
相手がヨテファだとゴーギャンは知っていますが、美しい裸体をスケッチします。ヨテファは見よう見真似で彫刻を始め、ゴーギャンは必要に迫られ漁船に乗ります。不貞を疑うなら思い切り殴らないと、怒りは永遠に残るとテフラは言います。
漁に出た帰りゴーギャンはヨテファが観光客受けの良い、同じデザインを複数彫刻しているのを知り憤ります。テフラが流産から回復するとヨテファと共に消え、銃を片手にゴーギャンは探し回ります。夜遅くに月明かりの下寄り添って寝る2人を見つけます。構えた銃を下ろし、ゴーギャンはその場を立ち去ります。
戻ったテフラを連れて強引に引っ越し、ゴーギャンは荷下ろしの仕事で家賃を稼ぎ食べることに追われ、創作から遠ざかります。ヨテファがあの土産物で身なりが変わる程、裕福になっているのを目撃します。ゴーギャンの彫刻より高値で買うのは、西洋人観光客です。
テフラを閉じ込め鍵をかけて仕事に向かうようになりますが、離れてた心に歯止めは効かず、最後にテフラをモデルに筆を取ります。
1893年ゴーギャンはフランスに帰国し2度とテフラに会うことなく、1903年に55歳で死去します。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »