映画

フッテージの見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

イーサン・ホーク演じるノンフィクション作家が、怪死事件のあった家に一家で越して来るところから始まるホラーです。いくら本を書きたいからといっても、そんな家に家族で越すのは危ない!と、最後までハラハラする展開です。8㎜フィルムが不気味さを増します。

映画 フッテージが配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
本ページの情報は、2019年02月03日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

フッテージのあらすじ・見どころ

エリソンは10年前に犯罪ノンフィクションで有名になった作家ですが、その後売れる本は書けていません。妻トレイシー、息子トレヴァー娘アシュリーの一家4人でペンシルベニア州に越してきます。引っ越し当日に保安官がやって来て、余計な事に首を突っ込むなと、釘を刺されます。トレイシーには内緒にしていますが、引っ越した家は以前怪死事件が起こり、その一家の娘ステファニーだけが行方不明といういわくつき物件でした。エリソンはそれを調査し、新作を書くつもりです。
屋根裏部屋でエリソンは8㎜フィルムと映写機を見つけます。トレイシーは子供たちとの時間を大切にして欲しいと言いますが、エリソンはもう1度チャンスが欲しいと言います。新作が売れなければ、トレイシーは子供たちを連れて出ていくつもりです。早速、エリソンは書斎に籠り、この家で起きた事件の資料を並べ発見したフィルムを見ます。「家族一緒に´11」と書かれたフィルムは、ホームビデオから急に一家が木に吊るされるシーンになります。別のフィルムも同様に、ホームビデオから車の中で縛られて燃やさていたり、椅子に縛られプールに落とされたり、包丁で惨殺されるシーンが映されています。屋根裏部屋の箱の蓋の裏に、犯行の絵と「ミスター・ブギー」が描かれています。
エリソンのファンだと言う副保安官が協力し、フィルムにある事件を調べます。すると薬物反応があり、一家が惨殺され子供の1人がいなくなるという共通点が出てきます。但し、年代も地域もバラバラです。副保安官が記号を見て、オカルト犯罪に詳しいジョナス教授を紹介し、連絡を取ります。ジョナス教授は「ブグール(子供を食う者)」という邪教の一種で、子供の魂を食べたり血を捧げたりすると文献にあることを伝えます。エリソンの周囲では怪奇現象が起きます。トレヴァーが段ボールの中で発作を起こしたり、アシュリーがステファニーの絵を描きます。夜中に屋根裏部屋でフィルムを観る子供たちを見たエリソンは、フィルムと映写機を燃やしすぐに家族を連れて元の家に戻ります。副保安官から電話があり、事件のもう1つ共通点は「引っ越した直後に起こる」と聞きます。そして眠気を覚えたエリソンは「おやすみパパ」と書かれたアシュリーの文字を見ます。家族を縛り、撮影しながら斧を振り上げブグールに連れていかれます。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of