映画

シン・ゴジラの見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

2016年公開の怪獣映画で、エヴァンゲリオンシリーズの「庵野秀明」が監督を務める新感覚「ゴジラ」です。現代日本にゴジラが現れた時、人々はどう立ち向かうのか…。東京湾羽田沖で水蒸気が噴出し、アクアラインでトンネル崩落事故が発生。その影には未確認の巨大生物の姿があったのです…。

映画 シン・ゴジラが配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
auビデオパス
TSUTAYA TV
本ページの情報は、2018年11月21日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

シン・ゴジラのあらすじ・見どころ

【あらすじ】

ある日、東京湾に漂流する一隻のクルーザーが発見されます。
内部を調査しましたが、人の気配なく、折り鶴のみが置かれていました。

その直後、海で爆発が起こり、東京湾アクアラインのトンネルが崩落するなどの事故で、日本はパニックに陥ります。
内閣官房副長官の矢口蘭堂は、その影に謎の巨大生物の姿があることを示唆しますが、取り入ってもらうことは出来ませんでした。しかし、政府は臨時の会議を開くことしか出来ません。
そんな時、爆発が起こった場所で動きがありました。巨大な尻尾のようなものが界面から飛び出しているのです。矢口の言ったことが現実になりました。
政府はすぐに有識者を招集しましたが、あまりにも情報が少なく話は振り出しに戻ってしまいます。

そうしているうちに巨大生物は侵攻を初めます。
そして東京の街に上陸し、その姿を表したのです。
まるで、巨大なトカゲのような生物は街を破壊しながら進みます。
しかし、目的地は明らかになっていないようでした。
そして、街の真ん中で動きを止めた生物は、体を少し起こし立ち上がり、小さな腕を生やしました。それはまるで生き物の進化の経過を見ているようでした…。

矢口のもとにアメリカからの要人「カヨコ・アン・パタースン」がやってきます。
そしてカヨコは、今回の騒動のカギを握るある人物を探してほしいと頼みます。
しかし、その人物を見つけることは出来ませんでした。
代わりに、その人物が残したとみられる資料を発見します。
そこには「GODZILLA」という名前が記されていました。
それはカヨコの研究でも使われていた名詞でした。
「ゴジラ」とは、ある場所では神の化身として崇められる存在であり、あの生物の正体であったのです。しかし、ゴジラの謎は深まるばかりでした。
先日街で姿を変えたゴジラは、海へ引き返し、また姿を消してしまったのでした。

矢口はゴジラに対抗するための特別チームを編成しました。各分野のスペシャリスト(といいつつ曲者ばかり…)を集めてゴジラの謎を解明し始めました…。

【見どころ】

最初の東宝ロゴから心拍数が上がりっぱなしで、テンポが良く、あっという間の鑑賞時間でした。
今までのゴジラの印象を変えた画期的な作品です。
家族向け、子供向けだった内容から一転、政治色が強いストーリーになっています。
しかし、これが逆にリアリティを出し、私たちの生活にゴジラが侵入してきたら?という恐怖感を与えられました。この物語のような若手政治家たちが現実でも活躍してくれたら良いのですが…残念ながら映画の中の話にとどまっているようですね。
エヴァンゲリオンの庵野秀明が監督を務めることもあって、あの独特のテロップやBGMも登場します。
自衛隊の装備も十分に研究してありこちらもリアリティがあり、戦闘シーンは緊張感があり、見ごたえがあります。
もう一つ注目するべき点は、これは遊びとしても楽しめるのですが、色々なキャストが出演していることです。ほんの一瞬、という登場シーンの役者さんもいますが、この映画の撮影中は「日本から俳優がいなくなった…」との噂も出たほどでした。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of