映画

孤狼の血の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

暴力団対策法ができる前の広島県の呉原という架空の町で暴力団同士の抗争やそれを追う警察の姿を描いた作品です。

昭和63年広島県の呉原の暴力団・尾谷組と広島県全土を拠点としている五十子会系の加古村組が抗争が続く中、加古村組の金融会社の社員が失踪します。

映画 孤狼の血が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
TSUTAYA TV
本ページの情報は、2018年11月16日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

孤狼の血のあらすじ・見どころ

[あらすじ]

昭和63年暴力団対策法ができる前の広島県呉原の暴力団・尾谷組と広島県の組織五十子会系の加古村組のにらみ合いが続く中、加古村組系の金融会社の社員が行方不明になります。

所轄署に配属になった日岡秀一はベテラン刑事の大上章吾と一緒に捜査することになります。

日岡には大上は取り調べでは暴力を振るい、暴力団からは賄賂を受け取るダメな刑事だと思いました。

行方不明の事件により、尾谷組と加古村組の抗争は激しくなり、そこに割って入る大上を見ているうちに日岡の心情に変化が現れます。

[感想]

柚月裕子の小説が原作の作品です。

冒頭のシーンから目を背けたくなるシーンから始まり、少しグロいシーンが多いです。

大上章吾役の役所広司さんは映画の前半と後半でイメージが変わりました。最後はカッコいい刑事だったと思えました。

一ノ瀬役の江口洋介さんはやっぱりクールなヤクザ役は迫力があって大人っぽくで似合います。

映画では誰が本当の悪なのか考えさせられました。日岡秀一役の松坂桃李さんのセリフで「結局みんな自分の保身しか考えていない」というセリフにグッときました。本当にそうだなって思ってしまいました。

映画を見終わり警察とも暴力団とも深く関わってはいけないのだとしみじみ思う映画でした。

 

 

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of