映画

ザ・サークルの見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

冴えない毎日を過ごしているメイにとっては、「サークル」という会社は、最初、夢の国だったことでしょう。自分を認められ、人と繋がりやりがいがあって、給料も充分もらえるのです。ですが、何もかもを共有しようとする社員の姿は狂信的なカルト集団のようです。メイはサークルの中で翻弄されますが、最期はスッキリします。

映画 ザ・サークルが配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
auビデオパス
本ページの情報は、2018年11月09日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

ザ・サークルのあらすじ・見どころ

メイは難病の父親と母親との3人暮らしをしています。仕事は電話のオペレーターで、冴えない毎日にウンザリしていたところ、友人アニーからの電話で誰もが憧れる企業、「サークル」の面接が受けられることに決まりました。そこから物語が始まります。

面接に受かり「トルゥーユー」のオペレーターとして働きはじめます。実名で登録し、一つのアカウントでやりたいことが何でも出来るのが「トルゥーユー」です。オペレーターとしては、80点代で「B 」判定のメイは、不安を抱えたまま社内発表会「ドリームフライデー」に参加します。経営者のベイリーが発表したのは、「シーチェンジ」という超小型のワイヤレスカメラです。その映像をユーザーとシェア出来るだけでなく、テロリストも犯罪者も撲滅出来ると言い、拍手喝采を浴びます。

週末は自宅で過ごします。月曜日を迎えると、二人の社員が近づいてきてメイがコミュニティーに積極的ではないと、言いインナーサークルと積極的にコミュニケーションをはかると、それも点数として反映されると言われます。そして、アニーの計らいでメイの父親も保険に入る事が出来、新たな治療を受ける事が出来るようになります。

最初の金曜日の夜に話していた男性をメイは見つけて、話しかけます。働いてみてどう?と聞かれ、本音で「ちょっとやり過ぎ」と答えます。その男性はトルゥーユーを開発したタイ・ラフィートでした。彼はメイを秘密の地下エリアに連れていき、サークルは間違った方向に進んでいると話します。

幼馴染みのマーサがメイの仕事場まで尋ねてきます。以前、マーサの作った鹿の角のシャンデリアをメイがアップしたのですが、その事でマーサは「鹿殺し」と呼ばれて強迫メールが届くようになったと言います。そしてメイの前から去ります。

メイは夜の海にカヤックを出します。そこで転覆してしまいますが、すぐにヘリコプターで救助されます。シーチェンジでアザラシ観察をしていたユーザーからの通報でした。後日、社内発表会でメイは壇上に乗せられ、ベイリーの誘導で24時間「シーチェンジカメラ」を取り付けることを宣言します。

毎日、仕事もプライベートもシーチェンジカメラを付けて過ごします。メイの両親もシーチェンジカメラを部屋に取り付け、メイとの会話を楽しみますが、両親のプライバシーが公開されてしまいカメラをつけることを止めてしまいます。

メイはフォロワーをぐんと増やし、新人でありながら、会議に参加するまでになります。次にメイが取り組んだのは、「ソウルサーチ」です。逃亡犯を無作為に選んで、ユーザーが追跡し、20分以内に見つけて逮捕します。次は一般人をサーチしろと指示が出ます。マーサの名前が上がり、メイは拒否しますがベイリーに押されてマーサをソウルサーチすることになります。マーサは追いかけてくるドローンを避けようとして、橋から落ちて死んでしまいます。

実家に戻り寝込んでいたメイは、アニーと電話で話しました。そして、サークルに戻ることを決めます。タイに連絡をして力を借ります。24時間の透明化を再開したメイは、ドリームフライデーの壇上に上がり、経営者を透明化すべきだと訴えベイリーとトムにシーチェンジカメラを付けます。秘密にしていた彼らのメールの内容(機密事項としていた悪事)も全てを発表会のスクリーンで公開します。「サークルを作り替えるのよ」と、メイは聴衆(社員)に語りかけます。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of