映画

インクレディブル・ハルクの見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

「マーベルシネマティックユニバース」第2作品目。超人血清の実験中の事故で自分にガンマ線を浴び、感情が高ぶると緑色の怪物「ハルク」に変身してしまう悲しき天才科学者の物語です。後にキャストが変わっているので、エドワード・ノートン主演の「ハルク」が観れるのはこの作品だけです。

映画 インクレディブル・ハルクが配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
auビデオパス
本ページの情報は、2018年11月08日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

インクレディブル・ハルクのあらすじ・見どころ

【あらすじ】

兵士強化実験のための研究をしていた科学者の「ブルース・バナー」博士は、研究の成功を確信し、自らを被験者とするのですが、実験は失敗し、大量のガンマ線を浴びてしまいます。そのことから感情が高ぶると緑色の怪物「ハルク」に変身するようになってしまいました。
そのせいで追われる身となったブルースは逃亡し、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロに身を隠します。武道家に感情を抑制する方法を教わりながら「ブルー」という研究者の協力のもとに、身体をもとに戻す方法を探していました。

ある日、ブルースは勤め先の工場で誤って手を切ってしまいます。
そしてブルースの血液が混入されたジュースが出荷されてしまったのです。
それが原因でガンマ線に汚染された人間が次々に現れたため、軍に工場の場所を突き止めれられてしまいます。追い詰められたブルースは、「ハルク」に変身し、部隊を壊滅させます。

そして、唯一生き残った「ブロンスキー」は「ハルク」が兵器強化実験の成れの果てであることを知り、衰えた身体を増強するために、自らも被験者として志願するのでした…。
愚かな野望を持った人間が現れます。ブルースは身体を元に戻す方法を見つけることができるのでしょうか…?

【見どころ】

「マーベルシネマティックユニバース」シリーズの中ではこの後唯一主演キャストが変わっている作品です。この後ブルースを演じるのは「マーク・ラファロ」になります。エドワード・ノートンが演じる作品はこれでしか観ることができません。印象ではエドワード・ノートンのほうがバナー博士の悲哀がよく出ていた気がします。
ちなみにブルースが感情抑制の方法を教わっていた武道家というのは有名な格闘家のヒクソン・グレイシーです。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of