映画

狂気の桜の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

渋谷で生まれ渋谷で育った山口進は、日本人が無くしてしまった愛国心、増えてしまいすぎた価値観などに疑問を感じ、小菅と市川と共にネオトージョーという名で活動をしています。

暴力団の青田会長に気に入られた山口達は様々な抗争に巻き込まれていきます。

映画 狂気の桜が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
TSUTAYA TV
本ページの情報は、2018年11月06日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

FODには1ヶ月無料お試しキャンペーン期間があります!があります!
さらに、無料期間中に解約することもできるのでオススメです!

狂気の桜のあらすじ・見どころ

[あらすじ]

渋谷で生まれ渋谷で育った山口進は日本人が忘れかけている愛国心や多様化する価値観や思想に危機感を覚え、小菅、市川と共にネオトージョーという名のナショナリストとして活動をしていました。

ネオドージョーは渋谷の町で不良を見つけては暴力をふるっていて、それに目をつけた右翼系暴力団青修同盟の青田会長に気に入られていきます。

そして次々と抗争に巻き込まれていきます。

[.感想]

主人公の山口は愛国心から暴力で日本を正していこうとしている若者です。

暴力シーンはリアルな迫力で、裏社会の怖さを思い知りました。

暴力団と、ネオトージョーの違いは簡単に言えば、大人と子供の違いでした。

子供の遊びに付き合ってられないと言わんばかりの大人の力に屈してしまう若者の姿は、映画を見ている人の年齢によって捉え方が違うと思います。

子供が粋がったところで大人に上手く使われて、利用価値がなくなれば捨てられるというとても悲しいものでした。

役者さんの見どころはやはり、山口役の窪塚洋介さんで、狂気に満ちた演技に圧倒されてしまいます。

映画の音楽はHIP HOPグループ、キングギドラのK DUB SHINEさんが担当していて映画の雰囲気にとてもよく合っていました。

暴力シーンが多かったけど、映画を見終わった後は暗い気持ちにならなくて、何が動き出さなきゃと思わせてくれる気持ちになった映画でした。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of