映画

イニシエーションラブの見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

80年代後半、バブル真っ只中の時代、静岡で行われた合コンに無理矢理参加した鈴木は歯科助手のマコと出会います。

そこから始まる物語は、ラスト5分で全てを覆す衝撃な結末を迎えます。そしてもう一度見返してみたくなる物語です。

映画 イニシエーションラブが配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
auビデオパス
TSUTAYA TV
本ページの情報は、2018年11月01日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

イニシエーションラブのあらすじ・見どころ

[あらすじ]

世の中はバブル真っ只中の1980年代後半の話です。静岡のある街で開かれた合コンがありました。主人公の鈴木は行く気がなかったが、人数合わせということもあり、合コンに参加することにしました。そこで歯科助手として働く女性マコと出会います。

そしてラスト5分で衝撃の結末を迎えます。物語全てを覆すそのラストを見た人はもう一度最初から映画を見返してみたくなります。

[感想]

Side-A、Side-Bの2編で構成されているこの作品は「最後の5分すべてが覆る。あたなは必ず2回観る。」というキャッチフレーズの通り、ラストシーンで全く別の物語になります。ラストがなかったら普通の恋愛映画として終わってしまいます。

ある程度考えながら見ていたのですが、結局もう一回見てみたくなりました。

時代背景もバブルの80年代ということもあり、活気付いた町並みや挿入歌やセットも懐かしさを感じられました。80年代の若者の少し浮かれながらも一生懸命な描写がいい時代を思わせてくれました。

マコを演じた前田敦子さんのいかにも女らしい演技も見どころだとおもいます。

ラストを見たとき「女の子はやっぱりそうなのかい」と突っ込みたくなりました。

ラストを見るまでどこのシーンも見逃せない作品でした。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of