映画

バーフバリ2 王の凱旋の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

前作「伝説誕生」の続編。バーフバリ父子の神話のような物語が遂に完結します。あまりの完全無欠さには揺るぎない安心感と思わず溢れる笑いがあります。あり得ないアクションの数々はつい誰かに話したくなります!

映画 バーフバリ2 王の凱旋が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
auビデオパス
TSUTAYA TV
本ページの情報は、2018年10月28日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

バーフバリ2 王の凱旋のあらすじ・見どころ

古インドの大国、マヒシュマティ王国の次期国王に選ばれたバーフバリ。それをよく思わない前国王の兄ビッジャラデーヴァとその息子バラーラデーヴァ。王妃のシヴァガミは、戴冠式までの間、バーフバリに見聞を広めるべく国内を巡ってくるように提案し、バーフバリは供と共に旅に出ます。

旅の途中、クンタラ王国の王妹デーヴァセーナ一行が盗賊に襲われている場面に遭遇します。デーヴァセーナは巧みな剣技で敵をなぎ倒していき、その姿にバーフバリは心を奪われます。そしてなんと、身分を隠し、彼女の従兄であるクマラの使用人となることで一行に着いていくことになりました。

バーフバリは、軟弱な青年としてクマラに仕えますが、彼の狩りの供をしている時にサポートしていた姿をデーヴァセーナに目撃されます。彼女はそのことをキッカケにバーフバリについて興味を持ちました。
そんな状況を伝え聞いていたバラーラデーヴァは、デーヴァセーナに惚れ、彼女を妃にしたいとシヴァガミに申し出ます。シヴァガミは了承し、クンタラ王国に財宝と手紙を送りますが、その一方的な内容にデーヴァセーナは怒り、妃になることを拒否します。シヴァガミは当然怒り、彼女を連行してこいとバーフバリに命令する文をしたためました。

その頃、クンタラ王国は大勢の賊に襲われていました。バーフバリはデーヴァセーナ達と共に果敢に立ち向かい、機転のきいた策略で賊を見事追い払うことに成功しました。その活躍を見た国王はバーフバリを称え、バーフバリは実はマヒシュマティ王国の次期国王であること、デーヴァセーナに想いを寄せていることを伝えます。

バーフバリとデーヴァセーナはマヒシュマティ王国に戻りました。だが、デーヴァセーナはバラーラデーヴァの妃になることや一方的な内容の文について直接拒否を伝えたため、シヴァガミの怒りを買います。バーフバリはデーヴァセーナの味方をしたため、次期国王はバラーラデーヴァとなることになってしまいました。

それでもバーフバリとデーヴァセーナは幸せに愛し合い、デーヴァセーナは懐妊します。健やかに過ごせるようにと寺院に赴いた先で、多数の女性にセクハラをする王国の軍司令官を目撃したデーヴァセーナは、司令官の指を切り落とします。その身勝手な行為はさらにシヴァガミの怒りを買い、バーフバリとデーヴァセーナは王国から追放されてしまいました。

平民として暮らしながらも、バーフバリ達は民衆から絶大な支持を得ていました。それに危機感を募らせたビッジャラデーヴァとバラーラデーヴァは、バーフバリが国王暗殺を図っているといった一計を案じます。
まんまと掛かってしまったバーフバリは、シヴァガミから国王暗殺の嫌疑をかけられると、信じていた部下に裏切られ、殺されてしまいます。
バラーラデーヴァの策略だと知ったシヴァガミは、悲しみ、デーヴァセーナに謝罪します。

シヴァガミは、産まれたばかりのデーヴァセーナの息子に王位を継承させ、バラーラデーヴァを処刑しようとしますが、失敗し追われる身になります。
デーヴァセーナは息子をシヴァガミに託し、幽閉されてしまいました。

ここでついに長きに渡った回想シーンが終わり、場面は現代へと戻ります。
自身の出生のことや父のことを知ったバーフバリは、クンタラ王国や民衆と共にバラーラデーヴァに立ち向かいます。バラーラデーヴァも、自身の手でバーフバリを倒さなくては気が済まないと、彼に襲いかかってきました。

前作に引き続き、完全無欠のバーフバリ、息子も瓜二つの完全無欠っぷりです(役者さんが同じなので当然ですが)。
立ち振る舞いからセリフまで、とことん格好良すぎる完璧さは、どっぷりハマってしまう方はとことんハマってしまうでしょう。

大団円を迎えるだろうという安心感は前作に引き続きあり、とてもわかりやすい王道ストーリーです。
単純明快、勧善懲悪、アメコミのようなヒーロー、バーフバリ。

意外な人気となったのか、一度上映終了するものの、再上映されることになったり、バーフバリコールができる映画鑑賞として上映されたり、
役者の方が来日することになったり、監督からの異例のコメントが来たりと、日本でも長く愛される作品となっていくバーフバリ。
一度頭を空っぽにして、2作品続けて観てしまうことをおすすめします。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of