映画

バーフバリ 伝説誕生の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

「バーフバリ伝説」は、ここから始まります!完全無欠のインドヒーローに多くの人が熱狂し、上映映画館では「バーフバリ」コールが鳴り響くことも…!難しいこと考えずにとにかくパワフルな映画を楽しめます。

映画 バーフバリ 伝説誕生が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
auビデオパス
TSUTAYA TV
本ページの情報は、2018年10月28日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

バーフバリ 伝説誕生のあらすじ・見どころ

舞台は古代インド大国のマヒシュマティ王国から始まります。シヴァガミは生後間もない赤ん坊を連れて追手の兵士から逃げていきますが、途中川に落ちてしまいます。シヴァガミは、シヴァ神に「自分の命と引き換えにこの赤ん坊を助けてほしい」と祈りを捧げました。
付近の村の人々がその赤ん坊を見つけ、川から助け出すと、シヴァガミは滝の上を指差し、力尽きてしまいました。

赤ん坊はシヴドゥと名付けられ、村人に育てられます。シヴドゥは母親思いの優しさ溢れる逞しい男に育ちました。彼は段々と滝の上はどうなっているのか興味が湧きました。毎日滝の上に行こうと崖を登りますが失敗。母親が必死の思いで止めますが、好奇心には勝てません。
ある時、滝の上から仮面が落ちてきたのを拾い、その持ち主に会うべく、遂に彼は滝の上に辿り着きます。

仮面の持ち主は、アヴァンティカという女性兵士でした。彼女はマヒシュマティ王国の暴君バラーラデーヴァに囚われている王妃デーヴァセーナを救おうとする、クンタラ王国の者でした。そのアヴァンティカにこっそり想いを寄せるシヴドゥ。始めは敵対者と思われ襲撃されますが、次第に2人は良い雰囲気になっていきます。けれどアヴァンティカには王妃救出という使命があります。そこでシヴドゥは、王妃救出は自分が、とマヒシュマティ王国に向かうことになりました。

都では、バラーラデーヴァの誕生日を祝う式典が催されており、彼の黄金像の建立式がなされていました。しかしその像が倒れかけ、人々が犠牲になろうかとしたその時、シヴドゥは怪力を発揮して食い止めます。その姿を見た人々は口々に「バーフバリ」と名を叫び始めました。

都の兵士に紛れ、シヴドゥは宮殿に侵入し、王妃を助け出します。逃げる途中、アヴァンティカ達も駆け付け、追手と戦闘になりますがその時、ひとりの老兵士がシヴドゥを見て「バーフバリ」と呼び、こうべを垂れました。
実はシヴドゥは、亡きマヒシュマティ王国の王、バーフバリの息子だったのです。

そこから物語はバーフバリの幼い頃に遡ります。彼は幼い頃に父であるマヒシュマティ国王と母である王妃を病で亡くしました。王の兄が跡を継ぎ、バーフバリはその王兄の妃、シヴァガミに育てられることになります。この夫妻にも、一人息子がいました。バーバラデーヴァです。
バーフバリとバラーラデーヴァは共に王になる為の強さや学問を学びます。王妃は、2人に「敵対する隣国の族長を打ち取ったものに王位継承する」と伝えました。
バラーラデーヴァでは姑息な手段を用いて戦い、人質さえも犠牲にして勝利を目指します。対してバーフバリは人質を全員救うようにして戦います。どちらの方が民衆から支持を得るかは自明でした。
バラーラデーヴァが族長を打ち取りますが、シヴァガミはバーフバリに王位を譲ると宣言。

多くの民衆にバーフバリは支持されましたが、それをよく思わないバラーラデーヴァの策略や部下の裏切りにあい、彼は命を落としてしまいます…。

神話を土台として作り上げられた、完全無欠の主人公、勧善懲悪のストーリーは大変わかりやすく、王道の物語と言えるでしょう。
主人公のシヴドゥやバーフバリの完全無欠さには思わず笑ってしまうほどです。見どころはそんな完全無欠さでしょう。
民衆の「バーフバリ」と呼ぶ声に、思わず自分もバーフバリと連呼してしまうような。
王道ストーリーと爽快なアクションを楽しめる映画となっています。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of