映画

先生と迷い猫の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

ある一匹の三毛猫の失踪がきっかけで、頑固者で変わり者の元校長先生の人生がちょっとずつ変わっていく物語です。
身近にありそうなお話しで、猫好きだけでなく、犬好きにもぜひ観てもらいたい一作です。

映画 先生と迷い猫が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
本ページの情報は、2018年10月27日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

先生と迷い猫のあらすじ・見どころ

いつまでたっても先生気質が抜けない偏屈な元校長先生の元に訪ねてくるのは、亡くなった奥さんが餌をあげていた三毛猫のミイだけです。

ミイを見るたび奥さんを思い出す先生は、ある日ミイが出入りしている小窓をふさいでしまいます。何かを訴えるかのように、ずっと小窓をカリカリ引っ掻くミイでしたが、校長先生が小窓を開けることはとうとうありませんでした。その日以来、街でミイを見かけた人はいません。

先生がミイと呼んでいた三毛猫にはセカンドハウスのみならず、サード、フォースと、様々な家で餌をもらい、ソラ・タマコ・ちひろという名前をもらっていました。街で見かけたミイそっくりの絵が描かれた「猫探しています」の張り紙を見た先生は、だんだんとミイのことが気になってしかたがなくなります。そして街の人たちと一緒に猫探しをはじめます。

泥まみれになり、葉っぱや枝で傷だらけになった先生の姿は、以前の人を寄せ付けない偏屈な以前の姿ではありませんでした。猫探しをきっかけに、一人ぼっちだった先生の周りには人が集まるようになりました。

映画のキャッチコピーは「君がいると、人生は面白い」偏屈な元校長先生を演じるのはイッセー尾形。救われているのは猫か、人間か。犬派な人たちに是非みてもらいたい一作です。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of