映画

湯を沸かすほどの熱い愛の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

家族の物語です。特に母親と娘の物語です。死期を知ったお母ちゃんがしたことは、「お父ちゃんを探す」「銭湯を再開させる」「安澄を強くすること」です。主人公の双葉の愛で、周囲は変化していきます。

映画 湯を沸かすほどの熱い愛が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
本ページの情報は、2018年10月27日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

Huluを2週間無料で試すにはこちら!

湯を沸かすほどの熱い愛のあらすじ・見どころ

幸野双葉は安澄と二人暮らしです。双葉はパート、安澄は学校で苛められています。ある日、双葉は職場で倒れます。病院で末期のガンであることを告げられます。閉店している銭湯の浴槽の中で、双葉は泣きます。

そして、双葉は行動に移します。探偵に頼んで蒸発した夫・一浩を探します。そして、迎えに行きます。毎年欠かさず贈られてくるカニを食べます。送ってくるのは酒巻君枝さん。安澄が帰宅すると、食卓にはしゃぶしゃぶの用意がされています。誕生日にしか出されないしゃぶしゃぶを不思議に思っていると、そこに一浩が「よお!」と入ってきます。しかも9歳の鮎子を連れて。

翌朝、銭湯を再開することを双葉は家族に宣言します。家族で掃除をし、チラシを配ります。銭湯が再開します。順調に進む中、安澄のイジメはエスカレートしていきます。双葉は闘えと安澄を叱咤します。安澄はゆっくりと学校に向かいます。制服を隠されたので、体操着で行った安澄は、教室で体操着を脱いで下着姿になり、「制服を返して下さい」と訴えます。安澄の帰宅を待っていた双葉の前に、制服を着た安澄が帰宅します。それを眺める鮎子がいます。

鮎子は番台から小銭を持って行くのを双葉は見てしまいます。鮎子が学校に行っている間に双葉は鮎子の荷物を覗くと、出ていった母親からの「誕生日までには迎えに行くね」という手紙と小銭を見つけます。鮎子は翌日いなくなります。探しますが、見つかりません。母親が迎えにくると信じて前のアパートの前に居るところを安澄と双葉に見つけられます。鮎子の母親は来なかったのです。翌朝、前日出来なかった鮎子の誕生日としてしゃぶしゃぶが食卓に上がります。鮎子は泣きながら「出来ればで良いのですが、この家にいたいです」と言います。鮎子ちゃん役の子、素晴らしい演技です。

そして、車を借りて安澄と鮎子と双葉が旅行に出ます。その途中でヒッチハイクをしている向井拓海を車に乗せることになります。拓海は目的のないまま、フラフラとヒッチハイクをしていると言います。そんな拓海に「あなたはこれから、最北端に行くのよ」と双葉に言われ、北海道を目指すことにします。その夜、双葉は血を吐きます。

それでも翌日タカアシガニを食べに行きます。そこの店員が酒巻君枝で、実は安澄の母親だと伝えます。そして、安澄に挨拶に行くように言います。店の前に安澄を置いて、車を出します。君枝は、聾唖者です。安澄は手話で会話します。それは双葉が「いつか役に立つから勉強しなさい」と安澄に勧めたからです。夕方、安澄を鮎子に呼びに行かせた時に双葉は倒れます。

双葉は緩和ケアセンターに入ります。毎晩母親が夢に出てきて「必ず迎えに来るからね」と言います。双葉も母親に捨てられていたのです。探偵の滝本が病院に現れます。双葉が頼んでいた、母親探しで見つかったと報告を受けます。すぐに行きたいと、双葉は母親に会いに行きますが「そんな娘知りません」と言われてしまいます。

双葉が入院して君枝がやって来て、拓海が北海道から帰ってきた報告に幸野家に現れます。一浩の提案で人間ピラミッドを作って双葉に見せます。拓海は住み込みで幸野湯で働きます。宮沢りえの鬼気迫る演技と、それに負けない演技を見せる、安澄役の杉咲花も大きな存在感を見せます。家族の物語ですが、母と娘の物語です。­

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of