ドラマ

いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~ 第34話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

2019年放送の大河ドラマです。主演は中村勘九郎と阿部サダヲで、脚本は宮藤官九郎です。1964年に行われた東京オリンピックへの軌跡を人間模様を通して描きます。第2部は、阿部サダヲ演じる田畑政治を軸に描かれます。第34話では、二・二六事件とIOC会長のラトゥールの東京招待の模様です。

ドラマ いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~ 第34話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
本ページの情報は、2019年09月14日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~ 第34話のあらすじ・見どころ

昭和111936)年226日は、朝から雪が降っていました。しかし、その雪を踏み鳴らす陸軍将校の一団がいました。田畑政治(阿部サダヲ)の妻・菊枝(麻生久美子)は、その物々しい雰囲気に気づいたのです。実は、陸軍将校らが東京の主要な施設を次々に襲撃をしていました。

田畑のいる新聞社にも陸軍将校が乗り込んできました。何と高橋是清に天誅を下したというのです。以前に田畑がオリンピックの重要性を説いた高橋是清です。田畑は自分に関わる政治家は亡くなると気づき、自分を責めます。

政府は情報を差し押さえ、新聞やラジオは詳細が伝えられませんでした。第一報が伝えられたのは、226日の午後8時半でした。そんな中、田畑にIOC会長のラトゥールが東京に向けて出発したとの連絡が入ります。やがて陸軍将校は投降し、クーデターは失敗に終わります。しかし、東京は依然に厳戒態勢が続いています。

嘉納治五郎(役所広司)は、田畑にこんな時だからこそ東京でオリンピックする意義を説きます。嘉納は、揺るぎない信念があったのです。そして、ラトゥールが東京に到着します。嘉納には考えがありました。東京でオリンピックを行える施設や準備が整っていることを説明します。また、日本の文化に触れることによって、欧米でおこなわれているオリンピックをアジアでも行えることを伝えるためです。そのための「接待」でもあったのです。

ある日、ラトゥールは下町の市民に興味を持ち、人力車を止めます。そこでは、子供たちが遊びながら体を動かしている姿があります。「下町オリンピック」が行われていたのです。

嘉納は、ムッソリーニに直談判の指示を出したのは自分だとラトゥールに伝え、詫びます。政治的な意図はなかったことや自分に責任があることを伝えます。ラトゥールは、日本の文化に触れ、日本国民に広くオリンピックが周知されていることに感銘を受けます。そして、オリンピックは東京に限ると言い、東京を後にしました。

果たして、東京は開催地として決定するのでしょうか?

0 0 vote
Article Rating
この記事を読んだ人が読んでいる記事
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x