ドラマ

簡単なお仕事です。に応募してみた 第8話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

祝うだけの簡単なお仕事に行くことになった4人。息子や孫の代わりに誕生日祝いにやって来た4人をおじいさんは喜んでくれるのだった。しかし、おじいさんの自宅で遺影と棺桶を見つけてしまう。

ドラマ 簡単なお仕事です。に応募してみた 第8話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
本ページの情報は、2019年09月16日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

Huluを2週間無料で試すにはこちら!

簡単なお仕事です。に応募してみた 第8話のあらすじ・見どころ

4人は祝うだけの簡単なお仕事に向かうことになった。圭一がケーキ、若大がクラッカーを持ってきたが、シャンパンを持ってくるように伝え忘れたモモだったため、優は手ぶらだった。

4人がおじいさんの自宅へ行き、息子や孫の代わりに誕生日のお祝いを行うことになった。自宅へ行くとおじいさんは4人に喜んでくれて、後で昔息子が書いた桃太郎の紙芝居を読んでほしいと言ってきた。

おじいさんは4人の報酬を好きなだけ持って行っていいと言い、大金を見せたため、喜ぶ4人だった。

早速ケーキを切りに向かう圭一と若大は、ローソクに付ける日を探しに違う部屋へ向かうとそこにはおじいさんの遺影と棺桶が置かれていたため、驚く二人だった。

おじいさんは死んだことに気づいていないのではないかと思い、優とモモに伝えに行く。モモは棺桶を開けてみないとおじいさんが幽霊かどうか分からないと言い出したため、棺桶を開けるとそこには誰もいなかった。

おじいさんはその様子を見ていたため、驚くみんなだった。おじいさんは棺桶を持っている理由を老人の一人暮らしだから迷惑を掛けないように揃えている、ベッドだと言い出したのだ。

おじいさんは棺桶の中に入り、ケーキでお祝いした。おじいさんは紙芝居を読んでほしいと言ったため、おじいさんのために桃太郎を読むことになった。おじいさんは4人にあだ名をつけてあげると言い出す。

桃太郎を読んでくれた百本にはモモ、犬役の若大にはワンちゃん、猿役の優には猿さんからサルサ、キジ役の圭一にはずっと鳥肌が立っていてトリということからトリハダとあだ名をつけてくれたおじいさんだった。

4人は楽しくお祝いして、おじいさんが好きなだけ報酬を持って行っていいと言ったが、一度は持ったお金を置いてもらわずに帰る4人だった。

帰りながら4人は敬語はなしにしようと言いながら帰っていくのだった。おじいさんと4人で撮った写真に写るおじいさんだけがぶれていたのだった。

0 0 vote
Article Rating
この記事を読んだ人が読んでいる記事
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x