ドラマ

小説王 第4話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

豊隆は父親のことを小説に書かないと言ったため、小柳は説得することができるのか、見どころです。さらに、小柳の息子の悠が作文を書くことになり、その内容に涙が溢れます。

ドラマ 小説王 第4話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
本ページの情報は、2019年05月14日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

FODには1ヶ月無料お試しキャンペーン期間があります!があります!
さらに、無料期間中に解約することもできるのでオススメです!

小説王 第4話のあらすじ・見どころ

【あらすじ】

小柳は豊隆に父親について小説を書くように勧めるが、豊隆は絶対に書かないと怒るのだった。その様子を見た内山は豊隆に怒ったのだ。

豊隆が小柳のマンションの前で小柳の息子の悠を見かける。家に入ろうとしない悠を見た豊隆はなぜ入らないのか聞くが教えてくれなかった。豊隆は両親がケンカをする姿を見たくないのではと聞くと悠はなぜ分かるのか聞くのだった。

豊隆は子供の頃同じことを思っていたから分かると話すと、豊隆は悠を自宅に連れて行ったのだ。悠の名前がしずかという名前なので、女の子らしくていじめられていた。悠は自分の名前が嫌いと話し、小柳が小説家を目指していた頃ペンネームにしようと思っていた名前だと言った。

豊隆はその話を聞いて豊隆と言う名前が小説に出てきた名前だったことを話した。一緒だと言って笑い合う二人だった。

悠は授業参観で作文を読むことになっているため、作文の書き方を豊隆に聞いていた。授業参観にパパは来ないからママのことだけ書きたいと言った悠にそれでいいと思うと伝える豊隆だった。

授業参観当日、小柳が行くことになり、悠の作文を聞くことになる。悠はケンカばかりしている二人が嫌だと話し、約束を守ってくれないパパが嫌だと話したあと、小説がお店に並ぶのを楽しみにしていると言い出したのだ。お仕事ばかりのパパを認めてくれている悠の思いに涙する小柳だった。

悠の作文を悠の名前をからかっていたクラスメイトが褒めてくれたため、悠は嬉しそうだった。豊隆も見に来ていたため、悠の作文を見て自分も父親のことを書く決意をしたのだった。

【感想】

悠が小柳について作文を書いたからこそ、自分も書くことを決意したところがとても素敵でした。これから豊隆が父親についてどんな内容の小説を書くのかとても見どころです。

悠の気持ちを初めて知った小柳が作文を聞いて涙を流しているシーンは見どころでした。悠の名前は珍しいと思っていたので、ペンネームにしようと思っていた名前だと知って納得しました。

0 0 vote
Article Rating
この記事を読んだ人が読んでいる記事
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x