ドラマ

インハンド 第1話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

寄生虫学者・紐倉哲は右手にロボットハンドの義手を持つ、人嫌いでドSな変わり者。そんな好きな研究だけしていたい紐倉ですが、内閣官房サイエンス・メディカル対策室の牧野巴から依頼されて力を貸すことになるのでした。

ドラマ インハンド 第1話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
Paravi
本ページの情報は、2019年04月13日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

インハンド 第1話のあらすじ・見どころ

寄生虫学者の紐倉哲は博識で天才的な頭脳を持つが、人嫌いな変わり者。そんな紐倉のもとを内閣官房サイエンス・メディカル対策室の美人官僚・牧野巴が訪ねて来ました。心筋梗塞により亡くなった複数の患者がシャーガス病という珍しい感染症にかかっている可能性があるという告発状が届いたために、寄生虫に詳しい紐倉に話を聞きに来たのでした。好きな研究だけをしていたい紐倉は牧野の依頼をきっぱりと断ります。しかし、魅力的な交換条件を出されてしまい、結局力を貸すことになるのでした。

紐倉と牧野は早速告発のあった台田総合病院へ向かうことに。患者の処置をした医師の高家春馬が内部告発をしたとわかった紐倉は彼から話を聞こうとしますが、そこへオケヤ食品社長の桶矢登がシャーガス病感染の疑いで運ばれて来ました。オケヤ食品は10年前に「チチクチオイル」を販売しており、そのチチクチオイルを使用した7人がシャーガス病によって亡くなっていました。

高家から死亡した患者の血液サンプルを入手した紐倉は、早速その血液を調べることに。すると桶矢を含め3人ともシャーガス病で死亡していたことがわかったのです。さらに3人とも台田総合病院の院長である黒野の知り合いであることも発覚しました。

紐倉らはシャーガス病の被害者遺族である江里口新から話を聞くことにしました。江里口の娘はチチクチオイルを使ったことでシャーガス病に感染し、それを苦に自殺していました。江里口に同情する牧野や高家でしたが、紐倉は江里口が犯人だと気付いていました。

江里口はチチクチオイルの特定保健用食品の認可に関わった、厚労省の倉井に復讐しようとしていました。そこへ紐倉が現れて「いつかアレルギーに役立つ薬を作って娘さんと同じ苦しみを持つ人を救って欲しい」と説得。それを聞いた江里口は自分の過ちに気付いて涙を流すのでした。

高家も紐倉の言葉に感動していました。内部告発が原因で病院を懲戒解雇になった高家は、紐倉に誘われて助手として紐倉研究所に勤務することになりました。

0 0 vote
Article Rating
この記事を読んだ人が読んでいる記事
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x