ドラマ

初めて恋をした日に読む話 第7話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

順子は由利を東大受験専門塾である花恵会に通わせることにしました。由利を担当することになったのは花恵会の中でも一番人気の百田でした。順子は自分にない物を持っている百田を羨みますが、百田には隠していることがありました。

ドラマ 初めて恋をした日に読む話 第7話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
Paravi
本ページの情報は、2019年02月26日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

初めて恋をした日に読む話 第7話のあらすじ・見どころ

順子は由利を東大に合格させるために理数3科目だけ東大受験専門塾である花恵会に通わせることに決めました。それを聞いた由利は反発しますが、何としてでも東大に合格させたいという順子の熱い想いを知って、体験入学に行くことにしました。

花恵会の講師の中で一番人気の百田朋奈が由利を担当することになりました。いつもと違う雰囲気に由利は戸惑いますが、百田の授業を受けて腕は確かだと実感します。一方、順子は学歴、実績、若さ、お金と自分にはないものを全て持っている百田を見て落ち込んでいました。そんな順子のことを見て美和は百田に対する嫉妬なのでは?と疑いますが、順子は否定するのでした。

順子は百田に刺激され、自分の頼りなさに気づかれないようにと教材作りに燃えていました。そこへ由利のことを詳しく教えて欲しいと百田がやってきました。熱心な百田を尊敬すると言うと、百田は「この仕事が好きなだけ」と答えるのでした。「自分は由利に会うまでこの仕事が好きではなかった」と順子が言うと、百田は「でも、今は楽しそう」と呟くのでした。実は百田は順子や雅志と同じ高校の同級生でした。高校時代に雅志のことが好きで告白しましたが振られていたのです。そのために順子に対して強い嫉妬心を抱いていたのでした。

由利は百田から山王ゼミナールをやめてウチに来ないかと誘われますが、きっぱりと断りました。東大合格の実績がなくても、順子は負けたことがあるから強いのだと告げます。順子抜きの受験なんて考えられないと言われて、百田は「また負けた」と呟くのでした。

由利と百田が一緒に歩いているところを偶然目撃したゴリは、百田が昔雅志のことを好きだった女子高生であることに気づきます。それを聞いた雅志は順子の元を訪れて全てを話すのでした。百田の正体を知った順子は百田に会いに行きます。百田から「由利を私に預けて欲しい」と言われた順子は「由利をあげるわけにはいかない」と告げます。順子はこの感情が嫉妬なのかと自分の気持ちに驚くのでした。

0 0 vote
Article Rating
この記事を読んだ人が読んでいる記事
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x