ドラマ

トレース~科捜研の男~ 第6話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

河川敷でホームレスの変死体が見つかりました。被害者の男性が自殺した真野の兄と同級生であることがわかり、真野は兄の事件との関係を疑います。そして海塚からある驚くべき事実を聞くのでした。

ドラマ トレース~科捜研の男~ 第6話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
本ページの情報は、2019年02月11日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

FODには1ヶ月無料お試しキャンペーン期間があります!があります!
さらに、無料期間中に解約することもできるのでオススメです!

トレース~科捜研の男~ 第6話のあらすじ・見どころ

真野は「お兄さんのことで話がある」という電話を受けて指定の場所で待っていましたが、結局誰も現れませんでした。

翌朝、河川敷でホームレスの男性の遺体が発見されました。被害者である新妻大介は高校3年生のときに失踪して以来行方不明になっていました。死因は溺死ですが、不可解な点が多いため虎丸は事件性があると見ていました。そして臨場を真野とノンナが担当することになりました。

臨場に向かった真野たちは、新妻の高校時代の担任だと言う早川尚文に出会います。早川の話では、新妻は高校の同級生である友人が家族を刺殺して自殺したことにショックを受けていたと言うのです。それは25年前真野の家族が殺された『武蔵野一家殺人事件』のことでした。

真野は早川に、武蔵野一家殺人事件の犯人は自分の兄であることを打ち明けます。すると早川は、新妻が兄をいじめていた主犯の一人であること、さらに新妻は事件当時に警察から事情聴取を受けており、指紋も採取されていたことを真野に話しました。しかし、真野が見た当時の資料にはそんな記述は一切ありませんでした。

真野は海塚が武蔵野一家殺人事件の鑑定を担当していたことを知り、自分が源礼二であることを打ち明けます。しかし、海塚はすでに知っていました。そして全てを話し始めました。武蔵野一家殺人事件の鑑定が終わった後、事件に関する全ての資料を提出するようにと命令が来て、代わりに改ざんされた鑑定書の控えを渡されたと言うのです。しかし、当時の科長は事件の捜査資料が記されたノートを持っており、亡くなった後に海塚に託されていました。海塚はそのノートを真野に渡しますが、いくら真実を追求しても答えにたどり着くことは不可能だと告げます。真野には前に進んで欲しいと願っているが、どうするのか決めるのは真野であり、それを止めることはできないと伝えます。真野は海塚の言葉を黙って聞いていました。

そんな中、真相に近づきつつあったホームレスの事件に突然上から打ち切り命令が出てしまうのでした。

0 0 vote
Article Rating
この記事を読んだ人が読んでいる記事
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x