ドラマ

下町ロケット 第2話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

ケーマシナリーから特許侵害で訴えられたギアゴーストの伊丹と島津は出資者が見つからずに焦っていました。そこへ佃が15億円の出資を決めるのでした。ギアゴーストの技術に惚れ込んだ佃ならではの大きな決断でした。

ドラマ 下町ロケット 第2話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
auビデオパス
TSUTAYA TV
本ページの情報は、2018年12月06日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

下町ロケット 第2話のあらすじ・見どころ

佃は殿村の実家を手伝ったことで、トランスミッションの開発という新たな夢を持つようになりました。ギアゴーストのコンペで大森バルブに勝利して順調な滑り出しでしたが、大きな問題が発生してしまいます。ギアゴーストがケーマシナリーから特許侵害で訴えられてしまったのです。そのケーマシナリーに話を持ちかけたのは弁護士の中川でした。

ギアゴーストの伊丹と島津は必死で出資者を探しますが見つからずに途方に暮れていました。その話を聞いた佃は、ウチが出資をしてはどうかと言い出しました。これには経理部長の殿村を始め従業員全員が反対しました。やっと経営が軌道に乗ってきたのに、出資をしてしまっては経営が1/3に縮小されてしまうと殿村は言います。そこで佃は顧問弁護士である神谷に相談することにしました。

神谷からクロスライセンス契約を狙ってはどうかと提案され、佃らはケーマシナリーがギアゴーストの特許侵害をしている物がないかを探すことにしました。ひとつひとつ両社の製品を分解し、調べていくリバース・エンジニアリングを行うことにしました。するとケーマシナリーの形状がギアゴーストの形状と全く同じパーツを見つけます。しかし、結局形状は同じでも素材が違うために特許侵害には当たりませんでした。肩を落とす伊丹や島津に、佃はやはり彼らと一緒に仕事がしたいと思うようになります。そして殿村たちを何とか説得して佃製作所が15億円の出資をすることを決めました。

一方、帝国重工から依頼された新型バルブの開発は行き詰まっていましたが、島津から紹介された会社から取り寄せた素材を試してみると良い結果が出たのです。佃製作所はついに新型バルブの開発を成し遂げるまであと一歩のところまで到達しました。

15億円もの出資を決めた佃の決断は大きなものですが、人や技術を大切にする佃ならではの決断だと思いました。佃のような社長だからこそ佃製作所の従業員はついていくのだと思います。

0 0 vote
Article Rating
この記事を読んだ人が読んでいる記事
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x