ドラマ

SUITS 第8話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

甲斐は大手建設会社を相手取った集団訴訟を担当することになりました。相手側の弁護士である畠中は甲斐の後輩で、やり手の弁護士でした。危うく負けそうになりますが、そんな時ある情報を入手するのでした。

ドラマ SUITS 第8話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
TSUTAYA TV
本ページの情報は、2018年11月26日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

FODには1ヶ月無料お試しキャンペーン期間があります!があります!
さらに、無料期間中に解約することもできるのでオススメです!

SUITS 第8話のあらすじ・見どころ

甲斐は大手建設会社である烏丸建設を相手取った集団訴訟を担当することになりました。これは烏丸建設が一時期使用していた有害性塗料による健康被害を訴えた原告団総勢462人の大きな訴訟でしたが、一審では原告側の請求が棄却されていました。チカは和解に持ち込んでも大金が入る大きな案件だから何としても勝つようにと甲斐に言うのでした。

甲斐らが原告側の話を聞いてみると、1審を担当した弁護士は裁判の直前にスキャンダルが流れて廃業してしまったと言うのです。敗訴したのもそのスキャンダルが原因と言われていました。相手側の弁護士を聞くと、甲斐の後輩でもあるスタンリー法律事務所の畠中美智瑠でした。甲斐は大貴に畠中の過去の裁判や烏丸建設のことを調べるように命じるのでした。

ある日、畠中は突然アポも無く甲斐の事務所を訪れます。畠中は社外秘の資料を持っていたのです。ですが畠中は口外するつもりは無いと言ってその資料を甲斐らに返すのでした。そしてチカは情報漏洩の犯人探しを蟹江に命じます。チカはアソシエイトの中に犯人がいるかもしれないと疑っていました。蟹江がパソコンのデータにアクセスした人物を調べると、真琴が該当者にあがってきました。そして真琴は蟹江から停職処分を言い渡されてしまうのでした。しかし、大貴が削除されたデータを復元してみるとアソシエイトの健斗がアクセスしていたことがわかったのです。そして真琴は無事に事務所に戻ってくることができました。

蟹江は烏丸建設の富永専務が横領している情報を掴みました。これで甲斐らが有利になると思われましたが、社長はすぐに富永専務を辞任させてクリーンな会社をアピールしました。畠中のやり方はまるで甲斐の真似をしているようでした。畠中は原告を追い詰めていき、原告たちは次々に訴訟から降りると言い出しました。さらに畠中が1人100万円ずつ和解金を支払うと言ったことで、原告側のほとんどが和解に応じたいと言い出しました。水原だけが残りましたが、水原が購入した家は塗料が禁止となった後に建てられたもので原告としての資格がありませんでした。しかし、甲斐らの調べで烏丸建設は使用禁止となった塗料をその後も使い続けていたことが発覚します。それがバレてしまうのを恐れて畠中は水原のことを責められずにいたのでした。そして無事に甲斐は勝利を手にすることができました。

相手側の弁護士である畠中は甲斐と似た手口で攻めてきて、さすがの甲斐も負けそうになりました。ヒヤヒヤしましたが、無事に勝利することができて良かったです。やはり甲斐は負け知らずの敏腕弁護士だと思いました。

 

0 0 vote
Article Rating
この記事を読んだ人が読んでいる記事
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x