ドラマ

ハル 〜総合商社の女〜 最終話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

高山副社長から新たな事案を命じられた和田。しかし、この事案には高山と一乗寺の父親である厚生労働大臣の一乗寺俊太郎の間で密約が交わされていました。一乗寺からその話を聞いた和田は、高山と直接話をすることに。

ドラマ ハル 〜総合商社の女〜 最終話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
Paravi
本ページの情報は、2019年12月09日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

ハル 〜総合商社の女〜 最終話のあらすじ・見どころ

晴は和田から「受け取ってほしい」と言われ、涼名義の通帳を渡されました。和田は晴と離婚してから涼の父親として何かしたいと、毎月積み立てていたと言うのです。通帳を見た晴は、最初の入金額を見て感動。何と涼の産まれた時の体重だったのです。晴は涼が成人する日まで責任を持って自分が預かると、通帳を受け取りました。

青柳の社内起業重役プレゼンが無事に終わり、経営企画部には副社長の高山から新たな命が下りました。地方活性化に繋がる商業施設を伴った新空港を建設することになり、それに当たって自治体である奈良県がPFIを実施することに。その入札に五木商事も参加するというのです。

そんな中、一乗寺が高山に呼ばれました。一乗寺の父親である厚生労働大臣の一乗寺俊太郎と食事をしたと言う高山。俊太郎は今回の事案を五木商事に任せるために、弟が営む一乗寺建設を施工会社に選定して欲しいと、高山に頼んでいたのです。もし、この頼みを聞いてくれれば、五木商事が進めるSDGs事業に協力すると言われた高山は俊太郎の依頼を引き受けることに。そしてSDGs事業の進捗状況を俊太郎に伝えて欲しいと一乗寺に言うのです。もし自分が社長になったらそれなりのポジション与えると言われた一乗寺。居てくれるだけで良いと言われ、一乗寺は自分の存在意義がわからなくなるのでした。

思い悩んだ一乗寺は和田に退職願を提出し、高山と俊太郎の密約を打ち明けました。それを聞いた晴は怒りをあらわに。高山に直接話をしに行きますが、和田はそれを阻止。そして晴に代わって高山と話すことに。部下たちの仕事に裏工作と言う汚点を残したくないと言う和田。部下たちは卑怯な手を使わなくても他社に勝てる力があると力説しました。和田の言葉に心を打たれた高山は数字の低い別の建設会社に決定。そして一乗寺も今回の事案に参加することになりました。

しかし、結果は落選。一乗寺建設を選定した別の会社に決まったのです。責任を感じる一乗寺ですが、経営企画部のメンバーはそんな一乗寺を優しくフォローしました。そして青柳は社内企業の重役プレゼンで選ばれ、トロントへと旅立ちました。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of