ドラマ

いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~ 第44話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

2019年放送の大河ドラマです。主演は中村勘九郎と阿部サダヲで、脚本は宮藤官九郎です。1964年に行われた東京オリンピックへの軌跡を人間模様を通して描きます。第2部は、阿部サダヲ演じる田畑政治を軸に描かれます。第44話は、田畑がオリンピック事務総長から外されます。

ドラマ いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~ 第44話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
本ページの情報は、2019年12月01日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~ 第44話のあらすじ・見どころ

開会式直前まで、田畑らは第4回アジア大会に出場するべきか決断できませんでした。そんな中、川島がジャカルタにいたのです。川島は田畑に早く決断するように迫ります。そして、ついに田畑は決断します。川島の顔を立てるのではなく、選手や開催国インドネシアの人のためです。

日本人選手は、第4回アジア大会に出場しました。そして、大会は開幕します。開幕をすると大きな盛り上がりを見せました。しかし、日本の報道は違った方向に向いていました。どうして出場したのか、誰が出場を決めたのか。まさに戦犯を探すありさまでした。そして、その矛先は事務総長の田畑に向けられたのです。

そんなある日、河野からある妙案が出ました。台湾とイスラエルの選手一人、1種目でも出場したら正式な国際大会です。しかし、入国することすらできないのであれば、大会の名前と趣旨を変えるというものです。親善試合というようにです。しかし、インドネシア政府とインドネシア人は、納得できません。とうとうデモ隊が出る始末です。

一足先に帰国した川島は田畑と津島ら現地で決めたことと強調したのです。田畑らが帰国すると多くの報道陣が詰め寄ります。田畑は煙草を吸いながら、強気に発言しました。しかし、その態度は悪い印象を与え、逆にマスコミに叩かれてしまします。田畑は、各国に働きかけ親善試合ということにしようと動き始めます。しかし、田畑自ら記者会見で先に親善試合だったと発言してしまったのです。

連日の報道を見ていた川島は記者を集め、田畑らの説明責任を追及し、組織委員会の膿をだすことを宣言します。そして、田畑らは、国会の承認喚問に呼ばれました。厳しい追及が続きました。そして、政府が責任を持って国家事業とすることを川島は発言をしたのです。

田畑に国際陸連から回答がありました。今回の処分は開催国ジャカルタのみで参加国には処分がないとのことです。東京オリンピックに影響がないことになりました。そんな時、東都知事が招集した懇談会に向かった田畑ですが、そこで思いもよらないことが起きたのです。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of