ドラマ

あおざくら 防衛大学校物語 第3話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

久しぶりの外出に喜ぶ1学年だったが、武井が遅刻したことが原因でヘルウィークが始まる。武井が遅刻したが、武井は怒られず、罰も受けずにみんなが代わりに腕立て伏せをやらされることになった。

ドラマ あおざくら 防衛大学校物語 第3話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
TSUTAYA TV
本ページの情報は、2019年11月29日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

あおざくら 防衛大学校物語 第3話のあらすじ・見どころ

近藤勇美(本郷奏多)、原田忠(結木滉星)、沖田蒼司(小澤廉)、武井寅明(小園凌央)は久しぶりの外出日を迎えて喜んでいた。外出には制服を着用しなければいけないため、きちんと身だしなみが整っているか調べる。

何度もやり直しさせられた後、やっと合格が降りて外出することになった。近藤は図書館で勉強しようと思っていたが、近藤、原田、武井は西脇鷹史(伊阪達也)が待っており、食事へ出かけることになった。

武井は友達と会うために分かれて行動し、20時にタイマーをしたが、充電が切れて気づかず、21時を過ぎてしまい、急いで帰ることに。坂木龍也(高崎翔太)は無事でよかったと言い優しい言葉を掛けてもらい安心したが、松平容介(狩野健斗)が哀れみの表情で近藤を見てきたため、何だろうと思った。

坂木は1学年に空気椅子で座れといい、全員で腕立て伏せも始まるが、武井だけはしなくていいと言われてみんなが腕立て伏せをやっているのを見ている武井だった。近藤は松平になぜ武井だけ罰を受けないのか聞くと、自分のせいで罰を受けているのを見るのも罰だと言う。

武井は自分のせいではないと言い、いつまでも謝ろうとしないため、クラスのみんなが武井に怒っている。武井がいつまでも反省しないため、一緒に謝りに行くと言う近藤だが、それでも武井は嫌だと言う。

武井は「お前らみたいなも」と言い、その続きが気になった近藤が調べると、もの続きが分かることになる。クラスのみんなに、近藤は武井について調べたことを話し出す。武井は頭もよく、東京の高校に行ったが、地元に介護をするために戻った。

近藤は裏アカを調べると、東京の学校に行ったのも、帰ってきたのも全てモテたいからだったという。もの続きは、「お前らみたいなモテる奴には頭を下げない」だったのだ。

防大に入って幹部を目指しているのも女子がかっこいいと言っていたのを聞いたためだ。近藤は俺もモテないといい、みんなもモテたいと言い出す。お互いを知り、支え合おうと近藤が言うと、気持ちが変わった武井は、謝りヘルウィークも終わった。

その様子を武井と西脇が見ていた。夜になり、一人の生徒が逃げ出していた。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of