ドラマ

Re:フォロワー 第7話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

一十三と美奈が再会することになるが、美奈を見て逃げる一十三だった。一十三と美奈の間には何があったのか、二人はどういった関係なのか、謎が少しずつ解けていくことになる。

ドラマ Re:フォロワー 第7話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
本ページの情報は、2019年11月29日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

Re:フォロワー 第7話のあらすじ・見どころ

池永一十三(西銘駿)の16歳の誕生日を祝っている五島昭(谷口賢志)の姿がある。誕生日ケーキには「直」という名前が書かれてあり、この名前でもいいかと思った、20歳になるまで二人の秘密にしようと言っていた昭だった。

一十三は昭にありがとうと言っていた。

原田優作(塩野瑛久)の舞台を見に行った一十三は、舞台が終わり二人で話していると、優作は舞台の掃除をしている雪谷美奈(喜多乃愛)に声を掛けた。

一十三と美奈は目が合うと、昔のことを思い出す二人。お互い驚いた表情を見せると、一十三は走って逃げて行った。美奈は直と言っている。

幼い二人は雑草の名前について話しているのを思い出しながら、一十三は一人で頭を抱えていた。

クレシダの城江公人(佐藤流司)は、内閣の集合写真を載せると、フォロワー数が100万になる。内閣に手を出すと潰されると焦る優作に対して、鯨岡友木(和田雅成)は平然としている。

ターゲットは佐々木内閣の防衛大臣、角光光太郎(松尾貴史)だという。角光はSNSを凍結させたと秘書に言われ、クレシダを特定するように言い、脚を奪えと言い出した。

一十三がベンチにいると、美奈が見つけて後ろから抱きしめてきた。一十三は会うつもりなんてなかったという。

クレシダのラストを教えてという幼い美奈。会って抱きしめるために戦ったが、クレシダは他の男といたのだ。美奈は会いたかったといい、私の名前はトロイラスだからといった。

身元を特定されないように友木は公人に頑張るという。公人も動くといいい心配している友木だった。

編集長に昭は角光の記事を提案したが、おもしろいが世間には出せないと言われてしまう。昭は退職届を提出し、お礼を言って去って行くのだった。

美奈に迷惑をかけられないというと手を握ってきた美奈。美奈は子供の頃のように花の名前を言うと覚えていた一十三に喜んだ。

会えると思っていなかったと伝えて抱きしめ合おうとしたそのとき、刑事が現れて優作から電話で一十三が指名手配されていると言われて逃げる一十三と美奈。

犬飼が刺されたナイフに一十三の指紋が付いていたため、指名手配されることになったが、一十三はただナイフを持っただけで他の人が刺していた。

クレシダはこの日のためにここまで来た、お前と戦うために、宣戦布告だと角光にメールした。

一十三と美奈が一緒に逃げていたが、美奈を巻き込むわけにはいかないといい、置いていくことにした。会えるとは思っていなかったといい、一生心に残る傷を与えてごめんと言って去って行く一十三だった。

一十三が逃げた先に刑事がやってきて、話を聞かせてほしいと詰め寄ってきたが、後ろから美奈が棒で殴って刑事は倒れた。私も行く、復讐劇なら私が主役だといって抱きしめ合う二人だった。

公人は二人の姿を遠くから見て一十三行けと叫んでいた。

昭は朝になり週刊誌を見ているとクレシダが犬飼に関わった事件の裏に角光が関わっている記事が載っていたため、驚く昭だった。

復讐劇の幕開けだと公人は角光にメッセージを送る。クレシダのアカウントには、11年前に起きた静岡県の深津病院で岸本玲という女性が息を引き取ったときにいた人間の情報を知りたい、探してほしいと載せたのだった。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of