ドラマ

Re:フォロワー 第3話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

クレシダは26年前からずっと悩んでいる女性、唯の依頼を引き受けることになる。唯は弟の卓を26年前に失い、卓の命を奪った少年Aは弁護士になり賠償金も支払わず暮らしているため、クレシダが成敗を決める。

ドラマ Re:フォロワー 第3話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
本ページの情報は、2019年11月28日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

Re:フォロワー 第3話のあらすじ・見どころ

池永一十三(西銘駿)は、明日の依頼をどれにしようか考えていた。そこへ城江公人(佐藤流司)がやって来て依頼を決めるのは明日だというが、気になる依頼を見つけた一十三はこれをやると言い出す。

五島昭(谷口賢志)は事務所で寝ていたため、朝からやって来た同僚に怒られてしまう。クレシダを追っている昭を見て、本物はどうしてるんだろうと言い出した。
青池唯(田中良子)がお見合いを断られたことを父親の一蔵(大槻修治)が言うと、唯は諦めている様子だった。

一十三は、唯からの依頼を引き受けることにした。依頼をもう決めていると言われて落ち込む優作だったが、鯨岡友木(和田雅成)が意外な案件と言われて食いつくことになる。

一人の弁護士馬形秀一(窪寺昭)の元に電話を入れるクレシダ。自分だけいい人生を送っている嫌味を伝えると電話を切られてしまう。

クレシダは全てを失う悲しみを教えてやると秀一にメールした。事務所に鳴る電話にとると息子はピアノの発表会が延期になったから遊んでもらっていると言い出し、急いでスマホを見る秀一だった。

26年前、中学生だった少年Aと唯の弟卓は、遊んでいる様子だったが、めった刺しにされた卓が見つかったのだ。

唯は少年Aを探しまわっているが、名前も変えているためなかなか見つからない。加害者の親が賠償金を払うが、遺族にお金を払えないと言い出し、畳屋の経営もダメになってしまう。

加害者を責めようとはしない青池家族だったが、弁護士になり賠償金を払わず生きている秀一を成敗することにしたクレシダだった。

原田優作(塩野瑛久)は息子とキャッチボールしていた。クレシダは唯に息子とキャッチボールするように仕向けて二人の元に秀一がやって来た。

秀一が弁護士だと知る唯と、唯が卓の姉だと分かる秀一だった。秀一はお金をやるから息子を返せと言い出し、唯は怒って26年前の日々をあなたに教えてあげるといい、息子の首を絞めようと手を掛ける。

何でもすると言った秀一だったが、もう遅いと思う結衣。そこへ唯の父親一蔵が現れて唯の手を取り、辞めさせる。息子は目隠しをしていたため、何をされたか分からず、一蔵に大きくなるんだぞと言われた。

こんなことをしても前に進めないと一蔵に言われ、早く伝えれば良かったと謝る一蔵だった。一蔵は秀一にもう大人だだと声を掛けると、秀一は頭を下げて息子を抱きかかえて帰っていく。

唯と一蔵はクレシダに頭を下げたのだった。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of