ドラマ

ブラック校則 最終話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

創楽と中弥は学校をサボってはいけない日にサボることに決める。他の3人がやってくるのを待っていると、ようやくやって来た3人だった。果たして誰がやって来たのだろう…。

ドラマ ブラック校則 最終話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
本ページの情報は、2019年11月26日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

Huluを2週間無料で試すにはこちら!

ブラック校則 最終話のあらすじ・見どころ

創楽と中弥は絶対に学校をサボってはいけない日にサボる作戦を実行していたが、二人以外はあらわれなかった。

創楽と中弥は他のアバター3人が誰なのか予想をしあうことになる。創楽は、森先生、東、三池ことねだと予想を伝える。中弥は、森先生、七浦、樹羅凛と予想していることを言う。

創楽が作った著名ボックスは森先生と樹羅凛の手に渡ったため、どちらかが紙切れを入れたと予想していることを言い出す。

中弥はアバターの白雪姫が七浦、太郎が樹羅凛、Xが森先生だと言い出す。そこへ七浦と樹羅凛が創楽と中弥の元にやって来た。

中弥は予想が正解したことに喜んでいたが、樹羅凛とは偶然会ったから連れてきたという。七浦は部活紹介もあるのに学校をサボっていいのか聞くと迷ったけど大丈夫だといった。

樹羅凛は学校をサボったのが初めてだといい、チャットが楽しかったから来たといってくれた。

後一人来ないかと話していると、先生はさすがにサボれないだろうと言い出す七浦。知っている口調だったため、森先生が来るとなぜ思っているのか聞くと、七浦がみんなのバッグに紙を入れたという。

どうやって森先生に紙をこっそりいれるために職員室に入ったのか考えていると、森先生は不登校だった町田にプリントを持って行くと思ったため、町田のプリントの中に仕込んだというのだ。

しかし、みんなそれだと町田が来るのではと言うと、本当に町田がやって来た。創楽は必然だと言い出し、みんなが友愛数で繋がっていると言い、町田と運命である数字を探し続けるが、創楽は樹羅凛、中弥が町田と共通点が多いと分かり、何度もやり直す創楽だった。

中弥は今から写真を撮るが、出席日数が足りない町田や部活をしている七浦、大学の推薦を狙っている樹羅凛など映るとどうなるか分からないため、映らないでもいいという。しかし、みんな笑顔で写真を撮り、国語教師の田母神先生に送ると、学校説明会で保護者や中学生の前でホームページに載せたサボった写真を見せる。

こんなバカな生徒もいると言った手代木を引っぱたいてきちんと学校を調べて検討するように伝える田母神先生だった。

その様子を生徒会副会長や漆戸、ことね、田中先生もその様子を見ていた。

創楽は町田に話しかける。町田に創楽は、「あのさ、今度」と真剣な顔だった。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of