ドラマ

いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~ 第42話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

2019年放送の大河ドラマです。主演は中村勘九郎と阿部サダヲで、脚本は宮藤官九郎です。1964年に行われた東京オリンピックへの軌跡を人間模様を通して描きます。第2部は、阿部サダヲ演じる田畑政治を軸に描かれます。第42話は、東京オリンピックの選手村を代々木に移すことに成功します。

ドラマ いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~ 第42話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
本ページの情報は、2019年11月17日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~ 第42話のあらすじ・見どころ

1960年代、日本は高度経済成長期に入りました。暮らし向きが良くなる一方、交通渋滞に悩まされていました。道路整備が必要となっていました。金栗四三は、嘉納治五郎の約束を果たすため日々走り続けていました。聖火ランナーです。その聖火はアテネからアジア大陸13か国を横断して、日本に運ぶ壮大な計画が立てられました。しかし、本当にそんなことは可能でしょうか?

鬼の大松こと大松博文。大松は、選手の家一軒一軒訪ね、親御さんの了解を得ていました。選手たちと大松の間には強い絆と信頼関係があったのです。しかし、厳しい練習は続きます。

選手村は朝霞に建設されることが津島寿一から正式に発表されました。競技場まで25キロあります。しかし、田畑はあきらめませんでした。そこで考えを巡らせていると、平沢からある提案が出ました。選手村を代々木に移した場合のアメリカ側のメリットは何でしょうか? その時、日本は日米安全保障条約で揺れていたのです。平沢は反米感情を抑制できると考えていたのです。

しかし、代々木に選手村を移す場合は、アメリカ側に立ち退き料は60億円を支払わなければなりません。津島は、田畑を連れて総理と面会します。時の首相は池田隼人です。経済に明るく、所得倍増計画を打ち出しました。田畑は、競技場まで歩いて行ける選手村の特性を説明しますが、首相はお金のかからない朝霞を勧めたのです。代々木は、あと数年で返還が決まっているからです。それを60億円かけて返還をしなければいけません。

そこで、田畑はある秘策を思いつきます。これからはオリンピックをカラーテレビで見る時代となります。そして、オリンピックの開催により白黒からカラーテレビへと切り替える起爆剤となります。田畑は、再び首相に掛け合います。テレビ局を置くことを提案したのです。

オリンピックで日本が変わることを川島正次郎は望んでいたのです。しかし、津島や田畑では頼りない。そこで池田首相にしっかりと自分の考えを伝えました。その後、オリンピック担当大臣が創設され、川島が任命されました。そして、川島は田畑に津について問い質します。寝業師としての本領が発揮されます。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of