ドラマ

ハル 〜総合商社の女〜 第4話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

五木商事の子会社の映画会社「スターバレー」は赤字経営が続いていました。五木商事の飯島利彦が社長に就任したが、プロパー社員との関係が悪化。そこで和田は晴にこの案件を担当してもらうことにしました。

ドラマ ハル 〜総合商社の女〜 第4話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
Paravi
本ページの情報は、2019年11月11日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

ハル 〜総合商社の女〜 第4話のあらすじ・見どころ

ある日、晴は和田に新しい案件があると呼び出されました。五木商事の子会社の映画会社「スターバレー」はここ数年赤字経営が続いていました。今は五木商事の飯島利彦が社長に就任していますが、スターバレーのプロパー社員と飯島の関係は上手くいっていないと言う和田。実は和田はこの件で大学の後輩でスターバレーの社員プロデューサー・若林隼人から相談を受けていました。飯島が社長になってからは数字が全てで個人の感性は不要とされており、若林はそんな風潮に不満を抱くようになっていました。和田もそんな若林の意見に同調。経営企画部として今の社長のやり方に待ったをかけたいという和田の熱意に押され、晴れは経営方針を確認することに。

そこで晴は青柳と共にスターバレーで飯島と面会することに。良い映画というのはビジネスとして成功した映画だと豪語する飯島に、晴は飯島の考えを変えるのは難しいと考えていました。その後、若林に会った晴たち。若林はオリジナル企画を考えていましたが、飯島にあっさり却下されて落ち込んでいました。仕事を辞めて田舎に帰ろうと考えていた若林。しかし晴から、実績を作ればオリジナル企画も通りやすくなると言われて俄然やる気に。

数日後、若林は人気漫画野の原作を映画化する企画案を持って晴を訪ねてきました。しかし、この企画を実現するには莫大な制作費がかかると言います。晴に背中を押されて飯島に企画案を見せますが、案の定却下されてしまいました。和田に相談すると、自分たちで制作費を集めれば良いのではと言うのです。和田から青年実業家の金子を紹介された晴は早速、企画案を見せることに。しかし、金子からは良い返事をもらえませんでした。諦めきれない晴たちは、若林のオリジナル企画を持ってもう一度頼みに行くことにしました。その企画書には偶然、金子が過去に作った映画のセリフと全く同じ一文があったのです。自分と同じ想いを抱く若林に賛同した金子は、この企画に出資することに。そして無事に若林の企画が通ることになりました。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of