ドラマ

同期のサクラ 第5話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

入社5年目を迎えたサクラは、夢を諦めずに相変わらずの日々を過ごしていました。そんな中、葵が社内表彰で社長賞を受賞。喜ぶ葵ですが、上司からは実力ではなくコネを当てにされ複雑な思いを抱きます。

ドラマ 同期のサクラ 第5話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
本ページの情報は、2019年11月06日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

Huluを2週間無料で試すにはこちら!

同期のサクラ 第5話のあらすじ・見どころ

2019年9月、目を覚まさないサクラの病室を訪ねた葵は、入社5年目の出来事を思い出していました。

2013年9月、サクラは故郷である美咲島に架ける橋の着工が無期延期になったまま人事部で入社5年目を迎えました。黒川は社員の社内表彰に関する仕事をすみれに丸投げ。すみれから社内告知の手配を頼まれたサクラは、都市開発部の葵が社長賞を受賞したことを知ります。最年少での受賞を喜ぶ葵。しかし、社長から「お父さんによろしく」と言われて複雑な表情に。実は葵の父親は国土交通省の高級官僚だったのです。

授与式から戻った葵ですが、都市開発部では大規模なプロジェクトの着工が凍結になるというトラブルが発生していました。「チーム一丸となって対応策を考えれば大丈夫」と言う葵ですが、上司からは「お前にできることはお父さんに凍結リストから外してもらえるように頼むことだ」と言われてしまいます。葵は実力ではなくコネを当てにされて複雑な気持ちを抱くのでした。

その頃、サクラたち同期は葵の受賞祝いをするためにいつもの喫茶店に集まっていました。そこに遅れてやってきた葵。同期たちの仕事の話を聞いていた葵は、彼らを見下すような発言をして怒らせてしまいます。不愉快だから帰ると言う百合たち。残ったサクラは仲間を傷つけるのは辞めてと大号泣し、そのまま酔いつぶれてしまいました。

帰宅した葵は父にプロジェクトの話を切り出しますが、全く相手にされず。同僚に言い出せない葵は別の案を提案しますが、上司には「お前はただのコネ入社だ」と心無い一言を浴びせられてしまいます。さらに葵は、家でも小さい頃から優等生の兄と比較されて劣等感と疎外感を感じていました。生きる意味を見出せなくなった葵は自殺を考えるように。そんな葵にサクラは、勝ち負けよりも自分の価値を知ることが大切だと進言。サクラの言葉に勇気をもらった葵は、父や兄に今の自分の想いを伝えることができました。

翌朝、黒川から葵が土木部に異動になったことを聞かされます。一方、サクラは高級官僚を怒らせたことが原因で子会社への出向が決定。それでもサクラは、美咲島に橋を架けるという夢を諦めずにいました。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of