ドラマ

ブラック校則 第4話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

創楽はミチロウに言われてマラソンで賭けを行うことになる。自転車通学が禁止の校則があるため、ミチロウの手下の七浦は40分掛けて毎日歩いて登下校している。中弥はアプリでみんなに自転車通学しようと話を持ちかけてきた。

ドラマ ブラック校則 第4話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
本ページの情報は、2019年11月06日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

Huluを2週間無料で試すにはこちら!

ブラック校則 第4話のあらすじ・見どころ

中弥は生徒副会長ミチロウの手下、七浦と帰ることになった。七浦は野球部で、七浦に貸した本を返してもらう目的で七浦の自宅までついて行くことになる。

しかし、自転車通学禁止の校則があるため、七浦は40分掛けて歩いてきていると知る。七浦は野球部のため、朝練もあり、夜遅くまで部活を行った後も40分掛けて歩いて帰っている。

そのため、授業中に眠ってしまうことが多い七浦だった。七浦は一度、手代木に自転車通学を許可してくれるか頼んだが、聞いてくれない手代木。

七浦はローファーが合わず、靴ずれしてしまうため、シューズで登校していいか聞くが、それもダメだと言われる七浦だった。

生徒会長の樹羅凛は、ミチロウが手代木から取られたスマホを返してもらっている様子を見てしまったことがある。樹羅凛に問い詰められたが、ミチロウは誤魔化して樹羅凛を騙すのだった。

手代木がミチロウに甘い理由は、手代木が生徒に暴行した姿をスマホで撮影されているからだった。

マラソン当日、創楽はミチロウに賭けを言い渡される。もし、ミチロウ、七浦、漆戸の三人の誰かに勝てば、手代木の動画をくれると言い出す。もし創楽が負けたら著名ボックスに著名した人達を探して教えるように言う。

創楽は何かが変わる気がして、賭けを受け入れる。運動部の三人のため、勝てるはずがないと諦めていたが、必死にミチロウについて行く創楽だった。しかし、創楽は漆戸のせいで転げてケガをしてしまった。

靴ずれしている七浦は一番遅く、勝てそうだったが、創楽は七浦が座り込んでいたため、手を差し伸べた。

しかし、七浦は創楽の手を振り払い、七浦はミチロウに怒られまいと急いでいた。結局七浦と創楽は同じタイムだった。七浦はミチロウに怒られてしまうのではと思ったが、怒られなかったようだ。

アプリの中で中弥は「明日みんなで自転車通学しないか」と言ってくる。

8時半ちょうどに行くように言われたため、創楽はギコギコ音が鳴る自転車で登校したが、中弥は風邪を引いたため、休むと言っていたことを知らなかった。

創楽は周りを見渡しても誰も自転車通学している人がいなかったため、創楽は一人手代木に怒られてしまう。

手代木に体育館裏に自転車を置くように言われてお気に入った創楽。創楽は知らなかったが、もう一人自転車できた人物がいた様子だ。そこにあった自転車は、七浦のロードバイクだった。さらに、体育館裏には、著名ボックスも捨てられていた。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of