ドラマ

監察医 朝顔 第10話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

結衣の死因を特定するために再解剖を行うと、脾臓破裂が原因で亡くなっていたことがわかりました。一方、真也はある建設会社について調べていました。その建設会社が産業廃棄物を不法投棄していることがわかり、現場に向かうことになりましたが…

ドラマ 監察医 朝顔 第10話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
本ページの情報は、2019年09月16日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

FODには1ヶ月無料お試しキャンペーン期間があります!があります!
さらに、無料期間中に解約することもできるのでオススメです!

監察医 朝顔 第10話のあらすじ・見どころ

朝顔たちは結衣が発見された時の姿勢を頼りにダミー人形を使って落下実験を行うことにしました。その結果、三郎の証言も警察が言っていることもどちらの場合も傷のつき方や倒れている姿勢が矛盾していることが判明。すると、警察の実況見分で結衣が一度階段を降りきっていたことがわかりました。二階に上がろうとした時に倒れたのではないかと言うのです。茶子が再解剖を行うと、真実が明らかになりました。結衣は亡くなる1週間前に自転車で転び、脾臓を損傷。その痛みで階段を踏み外して亡くなってしまったのでした。

ある日、鮫島組の西川が遺体で発見されました。西川は鋭利な刃物で腹部を数回刺されており、ポケットには国江建設の執行役員・白石の名刺が。国江建設は県警本部の神崎がマークしていたことから、平は神崎に連絡をすることにしました。国江建設では社員が立て続けに自殺していることから、神崎と真也は内部の人間に聞き込みをしていたのです。西川の遺体は法医学教室に運ばれて解剖を行うことに。朝顔が担当することになりましたが、手が震えて結局光子に代わってもらいました。見兼ねた茶子は、自分の代わりに朝顔に講義を担当してもらうことに。

その講義で朝顔は震災で母親を亡くしたことを打ち明け、正しい死因を知ることは今後死者を減らすことに繋がると訴えました。さらに法医をやって来て言えることは、法医学者は命を救うことはできないがご遺体に耳を傾ける唯一の存在だと続けます。そんな朝顔の話を、はじめは興味を示さなかった学生もいつしか真剣に聞き入っていました。

そんな中、神崎と真也は国江建設の情報提供者と会うことになりました。すると、国江建設の役員に鮫島組と繋がっている人物がいることが判明。さらに反社から頼まれて、違法な開発や産業廃棄物の不法投棄をしていると言うのです。そこで二人はその不法投棄の場所へ向かうことにしました。しかし、そこで土砂災害が発生。真也の身に危険が迫っていました。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of