ドラマ

ノーサイドゲーム 最終話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

常務に昇進した脇坂からアストロズの予算削減を提案された君嶋。そこでアストロズ を廃部にしないために日本蹴球協会の専務理事である木戸にプラチナリーグの改革案を持ち込むことにしました。

ドラマ ノーサイドゲーム 最終話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
Paravi
本ページの情報は、2019年09月16日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

ノーサイドゲーム 最終話のあらすじ・見どころ

アストロズはサイクロンズとの決戦に向けてハードな練習に励んでいました。そんなある日、グラウンドに新しくブルズのゼネラルマネージャーになった赤木という男がやって来ました。他のGMに勧められてアストロズの行ったチーム改革を見に来たと言う赤木。それを聞いた君嶋は、一緒にラグビー界を変えていこうと誓いました。そこで日本蹴球協会の専務理事・木戸にプラチナリーグの改革案を持ち込むことに。しかし、木戸は会長は改革を必要としていないの一点張り。さらに改革には政治の力が必要だと言うのです。

君嶋は脇坂がどうやって風間社長の銀行口座の明細書を手に入れたのか気になっていました。すると、脇坂と風間が高校時代の同級生であることが判明。そして今後の君嶋とアストロズの運命を決める取締役会の日がやって来ました。脇坂はラグビー部を廃止にするためにアストロズの予算削減を提案。今の会長が変わらない限り収支が大きく変わることはないと断言しました。予算削減に対する採決が行われようとする中、木戸から君嶋に連絡が入り、会長が解任されることが決定したと言うのです。これで日本蹴球協会は大きく変わると言う君嶋。社長をはじめとする役員も君嶋に賛成し、予算削減の話はなくなりました。さらに脇坂が風間商事の行った隠蔽工作に関わっていたことを明らかにし、脇坂を失脚させることができました。

そしてアストロズとサイクロンズの決戦の日。選手の精神的な支えである浜畑が控えとなったために前半はサイクロンズに押されてしまいました。そして迎えた後半戦。柴門は浜畑と七尾のダブルスタンドオフを提案。それによって攻撃の幅が一気に広がり、32対31でアストロズが見事に勝利することができました。

その後、君嶋は本社に復帰して経営戦略室長に就任しました。そして、君嶋に代わって昨シーズン限りで引退した浜畑がGMに。君嶋は部長としてアストロズを支えていくことになりました。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of