ドラマ

Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜 最終話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

伊賀は客との距離感に悩み、退職を決意しました。しかし、仮名子に引き止められて再び働くことに。そんな中、ロワン・ディシーに移転話が浮上。反対する従業員たちに対して賛成の仮名子。そこで伊賀がある行動に出るのでした。

ドラマ Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜 最終話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
Paravi
本ページの情報は、2019年09月10日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜 最終話のあらすじ・見どころ

出版社が潰れたことで仮名子はオーナー業に専念することに。そんな中、伊賀の母親・勝代がロワン・ディシーにやって来ました。父親の静がジンバブエに転勤になったと言うのです。しばらく会えなくなるから伊賀の顔を見に来たと言う勝代。しかし、それは伊賀をジンバブエに着いて来させるための作戦だったのです。それに気づいた仮名子は伊賀を店に引き止めるために、伊賀が気持ち良く仕事ができる環境を作ることに。

そんな中、指揮者の日比野からコンサートに招待された伊賀。それを見た仮名子は、お客様とは友達になってはダメだと伊賀に忠告します。その後もたびたびコンサートに誘われ、客との距離感に戸惑う伊賀。そんな伊賀に仮名子は「自分の居場所を自分で居心地悪くしてはダメ」と再び忠告。さらにレストランで一番大切なのは距離感だと言われた伊賀は、自分が成長できていないことに気付いてしまいます。そしてジンバブエに行くことを決意。しかし、勝代が自分が居なくてもジンバブエ生活を楽しんでいると知り、伊賀は行き場を失ってしまいます。実家の長崎に戻った伊賀は退職願を書いていました。

一方、伊賀が不在のロワン・ディシーは大混乱。そこで仮名子は伊賀に戻って来て欲しいと連絡することに。自分が必要とされていることに喜びを感じた伊賀はすぐに店に戻りました。しかし、その矢先、不動産屋と和菓子屋が店にやって来ました。引っ越し代を払うからすぐに出て行って欲しいと言うのです。移転に反対する従業員たちに対して、賛成の仮名子。そこで伊賀は仮名子を挑発するために「オーナーも負けることがあるんですね」と発言。それを聞いた仮名子は、移転を取りやめることにしました。しかし、伊賀は仮名子が経営をしたいのではなく美味しいものが食べたいだけであることに気づいていました。仮名子がオーナーでありながら客であると言う矛盾が良かったが、その矛盾に仮名子が気づいてしまった以上この店に未来はないと言う伊賀。その言葉に気付かされた仮名子は店を辞めることを決意しました。その後、伊賀はロワン・ディシーの名前を引き継いで長崎の実家で開店。その後もさまざまな場所で店を閉じては開き、働き続けました。ほかの従業員たちも一緒でしたが、そこに仮名子の姿はありませんでした。しかし数十年後、バリの店に突然仮名子が姿を現し、二人は久しぶりの再会を果たしました。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です