ドラマ

リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~ 第6話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

早川社長は介護施設のつむぎの丘を守るために村越に相談しに来た。村越は早川や従業員のためにつむぎの丘を救うことを決意した。しかし、相手側の弁護士である宇治川は村越を追い詰めるのだった。

ドラマ リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~ 第6話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
Paravi
本ページの情報は、2019年08月27日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~ 第6話のあらすじ・見どころ

早川菜津子が村越法律事務所にやってくる。介護施設経営者の早川は従業員150名もいる老人介護施設「つむぎの丘」が倒産寸前だったため、村越に相談しに来たのだった。

原因が自社株買取だという村越はどうしてこんなことになったのかを聞いた。創業家と新株発行を気にトラブルになったというのだ。

雇われ社長の早川は、乗っ取りされるのではと思った創業家は怒りだしたというのだ。取締役会で決議を取ったことを伝えたが脅してきた弁護士の宇治川の部下だった。一度は会社を辞めようと思ったが辞めなかった早川だった。

しかしいきなり会社の株を全てかえと言い出し、刑事告訴すると脅してきたため、受け入れた早川だった。

村越は脅された中で同意したのは取り消すことができると言い出す。新株発行は早川が乗っ取り屋かもしれないと疑いもあるという茜だった。

「つむぎの丘」に行き、村越と伸司が従業員に話を聞きに行くと、早川の評判がいいことが確認できた。バンクミーティングが行われ、異様な空気に包まれていたのだった。

メインバンクなどが集まり、村越が話始めた。介護施設の重大さを理解して銀行の人達は検討すると言って出て行った。

株の支払いを速くしろと言い出した宇治川の部下に対して、村越は脅迫されて書いた合意書だから払わないと言い出した。しかし、宇治川の部下は強制執行すると言い出してまた脅し始めたのだった。

強制執行を辞めようとしないため、村越は民事再生を行うことになった。しかし、民事再生もできないように嫌がらせしてきたのだ。

何も手出しできなくなった村越はどうにもできなかった。宇治川や創業家は勝利して喜んでいた。

裁判官が民事再生を許可せず、最高裁も許可しなかったため、村越は何も反抗することができない状態になった。村越は今まで行ってきた民事再生の方法をダメだと言われてしまい、落ち込むことになる。

落ち込んでいる村越に何か因縁の恨みがある宇治川はさらに村越を追い詰めようとしていた。村越が落胆しているところに、早川から連絡がきたのだった。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of