ドラマ

ノーサイド・ゲーム 第5話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

君嶋の経営戦略と柴門監督の最新ラグビー理論で勝ち星を重ねていくアストロズ。そんな中、サイクロンズとの試合を前に、トキワ自動車本社で両監督の合同記者会見が開かれることになりました。

ドラマ ノーサイド・ゲーム 第5話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
Paravi
本ページの情報は、2019年08月11日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

ノーサイド・ゲーム 第5話のあらすじ・見どころ

柴門を監督に迎えたアストロズは順調に勝ち星を重ね、今年は優勝を伺える位置に。そのため選手たちの士気も上がっていました。しかし、サイクロンズの試合を目の前で見た選手たちはその強さに圧倒されてしまいます。サイクロンズには現日本代表選手が9人もおり、アストロズとは選手層の厚さが全く違っていました。

一方、カザマ商事の買収話を進める滝川は経済誌で堂々とコスト削減を論じるなど、社内で目に見えて影響力を増していました。府中工場に視察に来た滝川は、工場の合理化を推し進めて人件費などのコスト削減を指示。リストラが実行されればアストロズが廃部に追い込まれるかもしれないと、選手たちにも不安が芽生え始めていました。そんな中、君嶋は滝川とカザマ商事の風間社長が大学時代の同期であることに気づきます。正式に決定する前に滝川が新聞に記事をリークできたのは風間との信頼関係があったからで、二人には何か企みがあるのではないかと君嶋は考えていました。

柴門はサイクロンズ戦の活路が見えず焦っていました。しかし、君嶋の発言にヒントを得た柴門はパワーで勝つことは難しいがスピードでなら勝負できると考えるように。そんな柴門には津田との因縁を面白がるマスコミからの取材依頼が殺到していました。そこで君嶋は集客に結び付けるべく、トキワ自動車本社に津田を招いて両監督の合同記者会見を仕掛けることに。その会見の場で柴門は「徹底的に叩き潰す」と津田に宣戦布告。それを聞いた選手たちは柴門や君嶋のためにも命がけで試合に臨むことを誓いました。

そして迎えたサイクロンズとの優勝決定戦の日。サイクロンズ有利で試合が進む中、後半になり柴門は佐々を投入します。柴門はスピードで勝負するなら佐々のパスは外せないと、最初から佐々の投入を考えていたのです。佐々が入ったことで試合の流れが変わり、4点差まで追いつくことができました。しかし結局負けてしまい、アストロズは存続の危機に直面することになるのでした。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of