ドラマ

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜 第4話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

ある日「ロワン・ディシー」に強面の二人の男性がやって来ました。仮名子とのやり取りを聞いていた堤は、彼らを借金取りと勘違い。金策に困った仮名子が従業員の誰かを解雇するのでは、と不安を募らていきます。

ドラマ Heaven?〜ご苦楽レストラン〜 第4話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
Paravi
本ページの情報は、2019年07月30日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜 第4話のあらすじ・見どころ

伊賀は仮名子の正体が気になってみんなに聞いて回りますが、誰も知る者はいませんでした。そこへ店に二人の強面の男がやって来ました。二人は「明日までに用意しろ」と仮名子に詰め寄っていました。その姿を見た堤は、二人は借金取りではないかと言うのです。さらにクビと書かれたメモ書きを発見したことから、金策に困った仮名子がこの中の誰かをクビにしようとしているのではと推測。そこで仮名子に「相談したいことがあれば話して欲しい」と言いますが、「自分の責任は自分で背負わないと」と言って何も話してはくれませんでした。

ある日、伊賀は山縣がさまざまな資格試験を受けていることを知ります。山縣が店の将来のため、そして自分のレベルアップのために行動していることを知って伊賀は尊敬の念を抱きます。しかし、山縣はこのことは皆んなに黙っていて欲しいと言うのです。実は山縣は銀行員時代に資格取得が原因で左遷された過去がありました。

仮名子の元気がないことを心配した小澤はスペシャルランチを考案。しかし、仮名子は食欲が無いと言って手をつけませんでした。さらに部屋に鍵をかけて引きこもってしまいました。伊賀が説得を試みますが、中から大きな物音が聞こえて来たのです。心配した伊賀たちが突入すると、部屋が荒らされて仮名子の姿がありませんでした。しかし、それは全て仮名子の計画だったのです。実は仮名子の職業はミステリー作家で3年前にミステリーの新人賞を受賞しており、その印税のおかげで「ロワン・ディシー」をオープンできたのです。強面の二人は出版社の編集者で、仮名子に原稿の催促に来ていたのでした。発見したメモ書きもトリックのメモであることが判明し、伊賀たちは全ての辻褄があって納得するのでした。

ただ一人、山縣だけは仮名子の正体を知っていました。山縣は銀行員時代に小説の取材をしたいとやってきた仮名子と出会ったいたのです。そしてひょんなことから資格取得をしていることがみんなにバレてしまいました。以前の上司のように仮名子からも責められると思った山縣でしたが、仮名子は見直したと言うのです。それを聞いた山縣は涙を流して喜びました。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of