ドラマ

サイン―法医学者 柚木貴志の事件― 第2話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

首吊り遺体が埼玉と東京で見つかり、柚木が解剖した結果、他殺だと言い出した。柚木と中園が殺害現場の山奥へ行くと、何者かに腕を掴まれた中園。現れたのは警視庁捜査一課の高橋だった。和泉も首吊り遺体の捜査を始め、不可解な謎を解いていくのだった。

ドラマ サイン―法医学者 柚木貴志の事件― 第2話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
auビデオパス
本ページの情報は、2019年07月19日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

サイン―法医学者 柚木貴志の事件― 第2話のあらすじ・見どころ

日本法医学研究院の新院長になった伊達の元を離れ、柚木がいる埼玉中央医科大学に新人解剖医の中園がやってきた。中園は、北見永士が殺された唯一の手掛かりとなる青い繊維を盗んで持ってきたが、それだけでは何の証拠にもならないと柚木に言われてしまった。

山奥で首吊り遺体が発見され、遺書もあり自殺かと思われたが、解剖するまで分からないと柚木は言い、解剖の結果他殺だと言い出した。胸元に奇妙なアザが残っていたのが気になった柚木だった。

警視庁捜査一課の高橋は連続放火事件を捜査中だった。高橋は空き巣の前科があるタクシー運転手をしている埼玉県に住む須賀原学が怪しいと睨み、管理官の和泉に伝えるが、和泉は前科があるだけで何も証拠がないため、人員を増やせないと言われてしまった。

高橋は、埼玉と東京で似ている首吊り遺体があったことを知り、和泉に伝えると、和泉は興味を持ち、柚木の元を尋ねることに。東京では伊達が解剖した結果、自殺と判定したのだった。

柚木は写真を見て似ていることを確認し、連続殺人事件の可能性があるとみて調べることに。埼玉で首吊り遺体として見つかった山奥へ柚木と中園が行くと、影に隠れてもう一人いたため、柚木が追いかける。中園はその人物に腕を掴まれて悲鳴を上げ、逃げて隠れていると見つかってしまった。

中園は落ちていた棒を手に取って振りかざすと、その人物は高橋だっため、驚く中園だった。和泉は東京で一人、埼玉で二人首吊り遺体が発見されていたことを柚木に報告し、また新たに首吊り遺体が発見されたと伝える。

柚木と和泉は東京へ行き、柚木は解剖へ向かうことに。残された中園と高橋が上司の愚痴を言っていると、高橋が山奥で腕を掴んだ話をしたところ、高橋は腕なんて掴んでいないと言い出したのだ。もう一人山奥に人がいたことになり、中園は着ていた洋服に指紋が残っていると思い、東京へ行き見てもらうことになる。

高橋と中園がタクシーに乗ると、タクシーの運転手は高橋が一度犯人と睨んだ須賀原だったのだ。高橋は東京へ向かうときに須賀原の言葉であることが分かり、途中で降ろしてもらうことになった。

東京に着いた中園が柚木に説明すると、埼玉に戻れと言われたため、中園はまた戻って行ったのだった。中園の洋服から出た指紋と、高橋が犯人だと分かった相手が、須賀原だったのだ。

柚木は中園が須賀原のタクシーに一緒に乗って埼玉に帰っていると知っていたため、すぐに中園に電話したところ、須賀原にばれてしまい、中園は手首にロープで固定され、頭から血を流していた。

須賀原は中園を同じ手口で殺そうとしてきたが、柚木が見つけてくれたため、助かることができたのだった。

須賀原が連続殺人事件を犯した理由は、昔好きだった女性が全く振り向いてくれなかったため、その女性を殺すためだったという。何人も殺した理由は自殺と見せかけるための実験だった。

中園は最初に自殺だと決めつけず、解剖して他殺だと見極めていればこんなことにはならなかったと思った。

柚木は伊達に呼ばれて院長室へ行くと、柚木に日本法医学研院に戻ってきて欲しいと言い出したのだ。柚木は解剖できるならどこでもいいと言い、真実を変えるようなことは許さないと伝えるのだった。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of