ドラマ

ノーサイドゲーム 第2話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMとなった君嶋は、新たな監督に大学同期の柴門を迎えることに。柴門から予算を増やして欲しいと言われ、頭を悩ませる君嶋。そして大きな決断をすることに。

ドラマ ノーサイドゲーム 第2話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
Paravi
本ページの情報は、2019年07月14日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

ノーサイドゲーム 第2話のあらすじ・見どころ

トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMとなった君嶋は新監督の人事に頭を悩ませていました。前GMが決めた2人の候補者に会った君嶋ですが、何か物足りなさを感じてしまいます。そんな時に多英が先日城南大学の監督を退任したばかりの柴門の名前を口にしました。しかし、柴門と大学の同期で、好きな女性を取れらた過去のある君嶋は気乗りしません。もう少し考えさせて欲しいと頼みますが、結局ほかに候補が見つからず、柴門に連絡をすることに。監督就任を打診しますが、取り付くしまもなく断られてしまいます。実は柴門には2年前にアストロズの監督にと言う話がありましたが、直前になって断られた過去があったのです。それを知った君嶋は直接会って柴門に謝ることに。そして、改めて監督の打診をすると、チームの様子を一度見てから決めると返事をもらえました。

アストロズの試合の様子を見た柴門は、鍛え方次第では優勝できる可能性もあると判断します。個々の特性を発揮すれば100にも0にもなり得ると。柴門は監督を引き受けても良いと言いますが、まずは部員たちに自分が監督で良いのか確認して欲しいと言うのです。最終的な判断は部員たちに任せることになりました。そこで柴門は部員一人一人に手紙を書くことに。それを読んだ部員たちは、自分たちの弱点を見透かされていることに驚きます。そして、ぜひ柴門に監督をして欲しいと言うのです。こうして柴門がアストロズの新監督に就任することになりました。

ところが、柴門はチームが優勝争いに加わるためには合宿費などでさらに1億円の予算が必要だと言うのです。今の14億円の予算でもギリギリなため頭を悩ませる君嶋。そして、予算はこれ以上増やせないと柴門に告げます。それを聞いた柴門は、チームの勝利を本気で考えていないGMとはやっていけないと言って、出て行ってしまいました。そこで君嶋は予算を増やすのではなく、内訳を考え直すことにしました。

そして最終予算案の提出日を迎えます。君嶋は柴門と相談して予算の多い外国人選手の契約を切ること、さらにコーチを雇わず自分たちで兼任すること、その浮いた予算を強化費に回すことを告げます。滝川からは反対されましたが、社長の島本の一言でこの予算案が通ることになりました。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of