ドラマ

ボイス 110緊急司令室 第1話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

港東署強行犯一係の係長・樋口彰吾は、妻の未希を殺人鬼に惨殺され亡くしていました。未希の110番通報に応じた橘ひかりは、被疑者に浮上した相良は犯人ではないと主張。それ以来、彰吾はひかりのことを恨んでいました。

ドラマ ボイス 110緊急司令室 第1話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
本ページの情報は、2019年07月13日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

Huluを2週間無料で試すにはこちら!

ボイス 110緊急司令室 第1話のあらすじ・見どころ

港東署強行犯一係の係長でハマの狂犬の異名を持つ樋口彰吾は、犯罪グループの張り込み中に妻・未希からの着信に気づきますが、業務を優先してしまいます。その頃、未希は謎の殺人鬼に追われて恐怖の中にいました。そして未希は110番通報することに。未希のSOSに応じたのは警部補の橘ひかりでした。未希の声に緊急性を感じたひかりでしたが、一度切れた通話にコールバックしたことで殺人鬼に居場所を知らせてしまいます。そして、ひかりは電話越しに未希が惨殺される一部始終の音を聞いてしまうのでした。

法廷には未希殺害の被疑者・相良の姿がありました。事件当日は泥酔状態で何も覚えていないという相良に対し、検察側の証人として証言台に立ったひかり。相良の声と電話で聞いた犯人の声でが違うと証言し、通話記録を調べればわかると話しますが、提出された証拠には犯人の声は記録されていませんでした。相良の犯行だと確信する樋口は、ひかりの証言に逆上するのでした。

3年後、交番勤務に配置換えになった樋口は同僚たちから煙たがられるほど落ちぶれていました。一方、科捜研で難事件を解決し実績を積んだひかりは港東署の緊急指令室長に就任。ECUの設置を提案しますが、警察幹部たちは難色を示していました。そこへひかりが港東署に戻ってきたことを聞きつけ、彰吾がやってきました。未希の事件のことでひかりを問い詰める彰吾でしたが、そこへ若い女性・萩原夏美から緊急司令室に通報が入ります。

ネットで知り合った男性に誘拐されたと言う夏美。彰吾を新しいチームの現場リーダーにと考えていたひかりは、彰吾にECUとして出動するように指示を出します。後輩刑事の石川と共に現場に向かう彰吾ですが、夏美の証言だけでは現場を特定することができずにいました。ひかりは電話口で聞こえる水のような音からそれが水槽の音だと判断。さらに彰吾は一般人が立ち入ることができない商店街跡地があることを突き止めます。その結果、商店街跡地にあるアクアショップ横浜が現場だと断定。ひかりは急いで現場に向かうよう彰吾に指示を出します。

ひかりは電話口からハンマーのような音が聞こえたことから、犯人が横浜女子大生連続殺人事件の犯人の可能性があると考えていました。その頃、夏美は犯人からハンマーで襲われそうになっていたのです。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of