ドラマ

集団左遷 第4話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

横山常務のスパイが花沢だと判明。しかし、片岡は花沢に頑張ろうと声をかけます。そんな中、蒲田支店に大口の融資話が2件も舞い込んで来ました。片岡はこの2つの融資が成立すれば、ノル達成に大きく前進すると意気込みます。

ドラマ 集団左遷 第4話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
Paravi
本ページの情報は、2019年05月13日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

集団左遷 第4話のあらすじ・見どころ

花沢は横山常務のスパイであることが片岡にバレてしまい、出向を覚悟します。しかし、片岡は花沢のことを責めるどころか一緒に頑張ろうと声をかけます。それを聞いた花沢はノルマ達成のために頑張ろうと決意するのでした。

蒲田支店はノルマ達成のために大商談会を開くことにしました。そのプロジェクトリーダーに片岡を任命。まずは街中で商談会のチラシ配りを始めることに。すると偶然そこに三嶋が通りかかりました。三嶋から自社ビルを建てる予定があり、20億円ほどの融資をお願いされて花沢は大喜び。さらに花沢が前の支店にいた時の得意先だった不動産コンサルタントの神崎昇が蒲田支店を訪れ、高級ビジネスホテル建設計画のために40億円融資して欲しいと持ちかけてきました。

片岡はこの二つの大口融資が決まればノルマ達成も夢ではないと大張り切り。しかし、真山はまた本部の邪魔が入るのではないかと心配していました。そこで片岡は本部に直接掛け合うことに。横山常務に「今回の花沢の仕事は蒲田支店できっちり仕上げさせてもらう」と宣言すると、横山常務は「頑張ってください」と言うのです。これまで「頑張らないでいい」と言われ続けていた片岡はその言葉に拍子抜けしてしまうのでした。

大商談会のチラシを見て、経済情報ウィークリーの原がやってきました。蒲田支店を取材させて欲しいと言われて、花沢は快諾。しかし、発売された雑誌には蒲田支店が廃店予定であることが載っていたのです。片岡が訂正記事を依頼しますが、原はそれを拒否するのでした。

そんな中、記事を見た神崎が今週中に融資をしてくれなければよその銀行にお願いすると言ってきました。そこで片岡が宿利に相談すると、稟議を通してくれることになりました。しかし、真山は東京リゾート開発の上役と会っていないまま話を進めていることが気になっていました。そこで真山と花沢が土地の所有者である三橋を調べると、神崎が連れてきた三嶋が偽物であることが判明。慌てた真山が警察に連絡し、事なきを得ました。実は宿利と神崎は繋がっており、宿利に頼まれて架空の融資話を持ちかけてきたのでした。

蒲田支店には例の記事を見た利用者が廃店を防ぐために殺到していました。そのおかげでノルマ達成まで57億円になり、片岡らは大喜び。しかし、横山常務に刃向かった花沢が出向することになってしまいます。自分の力が足りなかったと落ち込む片岡でしたが、花沢から感謝の言葉をかけられて花沢の分まで頑張ることを誓うのでした。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of