ドラマ

集団左遷 第2話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

「半年で融資額プラス 100 億円を達成したら蒲田支店の廃店を撤回してほしい」と直訴した片岡。しかし、社員たちは無謀な計画に大反発します。そんな中、取引先の町田エネラルから融資の相談を受けることに…

ドラマ 集団左遷 第2話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
Paravi
本ページの情報は、2019年04月28日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

集団左遷 第2話のあらすじ・見どころ

片岡は「半年で融資額プラス 100 億円を達成したら蒲田支店の廃店を撤回してほしい」と横山常務に直訴しました。しかし、それを聞いた社員たちは片岡に大反発。そんな彼らに対して片岡は、「とにかく頑張ろう」と言うのでした。

ある日、横溝が町田エネラルから5000万円の融資の相談を受けました。それを聞いた片岡は横溝と一緒に町田エネラルを訪れることに。社長から金利を下げてくれるなら蒲田支店にお願いしたいと言われた片岡は「できる限り頑張らせてもらいます」と返答するのでした。金利を1.6%にすることが決まり、再び町田エネラルを訪れた片岡ですが、そこには羽田支店の支店長がいました。羽田支店が金利1.3%で融資できることになり、羽田支店に取られてしまったのです。さらにそれは全て横山常務の指示であることがわかりました。

片岡は「もう一踏ん張り頑張ろう」と横溝に伝えますが、横溝はやる気を失くして有給を取ってしまいました。それでも片岡は諦めきれずにいました。そこで町田社長が他にもやりたいことがあると言っていたのを思い出し、詳しく話を聞きに行くことにしました。町田社長は過去にメガソーラー事業をやろうとしたことがあったが、多額の資金が必要で諦めたと言うのです。その事業には広い土地が必要だと聞いた片岡は、その土地を自分が探すと宣言するのでした。

横溝は有給を取る前に人事部に異動願いを出していましたが、断られていました。もう後がないとわかった横溝は、片岡がメガソーラー事業のための土地を探していると聞いて一緒に探すことにしました。そしてついに安く土地を見つけることができました。しかも3年先まで待ってくれると言うのです。それを聞いた町田社長は二人の思いに心を打たれて、融資を蒲田支店にお願いしたいと言ってきました。それを知った片岡と横溝は大喜び。二人の頑張りを見た他の社員たちもやる気を見せ始めました。そんな中、横山常務が突然蒲田支店にやって来ました。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of