ドラマ

遊戯(ゲーム)みたいにいかない。 第1話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

漫画家の戸塚オサムの自宅で巻き起こる騒動。アナウンサーを目指しているさくらが現れてみんな巻き込まれてしまうことに。桜の狙いは一体何だったのか。

ドラマ 遊戯(ゲーム)みたいにいかない。 第1話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
本ページの情報は、2019年04月25日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

Huluを2週間無料で試すにはこちら!

遊戯(ゲーム)みたいにいかない。 第1話のあらすじ・見どころ

【あらすじ】

さくらは人気ブロガーで、本の出版の話もあったのですが、ネットで誹謗中傷され、出版の話も無くなってしまったのだった。漫画家の戸塚オサムのアシスタントをしている荒巻弘彦とさくらは友人だったため、荒巻に相談しに来たさくらだった。

しかし、さくらに何と声を掛けていいか分からない荒巻は、戸塚に頼んで話を聞いてもらうことにした。戸塚は「やられたらやり返せ」と言い出し、さくらは真に受けて訴えることにしたのだった。

さくらが1弁護士費用を貸してと頼むと、酔っ払っていた戸塚は了承してしまったのだ。さくらは後日また戸塚の元に来ていると、酔っ払って変なことを言ってしまった戸塚は頭を抱えていた。

荒巻もさくらの暴走を辞めさせるように話すと、二人で説得することになった。昨日までさくらに何でもしてくれると言っていたのを信じていたのに、と言われた戸塚はさくらの味方になってしまっていた。

今度は定食屋のマスターをしている鳥飼昭雄が現れる。鳥飼のお店が悪口ばかり言われていることをネットで探し出したさくらは、悪口を言う人物と戦うことの何がいけないんだと言ってしまい、鳥飼もさくらの味方になってしまった。

頭を抱える荒巻の前に現れたのは、戸塚の娘のるみだった。るみがスマホばかり触っていたため、何をしているのか聞くと、ムカつく上司の悪口をネットに書いていたというのだ。

るみはさくらの話を聞いて、根も葉もない噂を立てられてしまったさくらの味方になり、本の出版もできなくなったため、絶対に悪口を言った人物たちを許してはいけないと言い出したのだった。

そこへ、編集者の足立徹が現れる。足立とさくらは知り合いのようだった。話を聞くと、本の出版をいらししてきたのは足立だという。なぜさくらのブログの本を出版することを辞めたのか聞くと、さくらのブログは男受けしか狙っていないもので、さくらが彼氏がいたことを黙っていたことがネットにばれてしまったため、男性ファンが減ったことが原因で本の出版を辞めたと言い出す。

それまでさくらの味方だったみんなもその話を聞いて幻滅することに。しかし、さくらは訴えることを諦めないと言い出し、さくらは足立に「かわいいキャラを演じていた女子大生ブロガーが、自分を叩いた奴らを全員訴えるノンフィクション」の本を出そうと足立に提案するのだった。

足立は了承し、本を出すことに決まった。全て今回の騒動を起こした理由が、アナウンサーになるためにさくらが考えた罠だと分かったみんなは、計算高い女だと怖がったのだった。

【感想】

さくらの思い通りになってしまったときは怖いと思ってしまいました。さくらにみんなが言い負かされてしまっていたのはとてもおもしろかったです。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of