ドラマ

わたし、定時で帰ります。 第1話の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

WEB制作会社で働くディレクターである東山結衣は、入社以来ずっと残業ゼロ生活を貫いてきました。ところが、新しく部長の福永清次が赴任したことでそんな生活が脅かされることになるのです。

ドラマ わたし、定時で帰ります。 第1話が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
Paravi
本ページの情報は、2019年04月16日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

わたし、定時で帰ります。 第1話のあらすじ・見どころ

WEB制作会社で働くディレクターの東山結衣は定時になるときっぱり退社。そのために仕事中は誰よりも効率を追求し、生産性の高い仕事をしていました。行きつけの中華料理屋に通い、恋人である諏訪巧と過ごす時間も大切にしています。

そんなある日、部長の福永清次が結衣のいる制作4部に異動してきました。さらに副部長に元婚約者の種田晃太郎が着任。二人から「本当に定時で帰っている」と言われた結衣は「私は定時で帰って有給も好きな時にとります」と堂々と宣言するのでした。

ある日、仕事命の三谷佳菜子が新人は30分前に来るものだとして小泉咲を叱責していました。それを見た結衣は最初から厳しくしたらやる気がなくなると佳菜子に助言しますが、佳菜子は結衣とは考えが合わないとして聞く耳を持ちませんでした。「教育係は自分だから自分で何とかする」と言い残して去って行きました。

しかし、咲は「先輩ウザイ」というメモを残して結局会社を辞めてしまいました。さらにそのことで福永に責められた佳菜子も会社に来なくなってしまいます。そのことを巧に話すと、巧は「会社は全然違う考え方の人と協力して一つのことを成し遂げるから面白い」と言うのでした。さらに話を聞いてあげればいいとアドバイスされて、結衣は佳菜子の家を訪れることに。

結衣が佳菜子に会いに行くと、佳菜子はみんなに会わせる顔がないと落ち込んでいました。佳菜子は実力主義の会社で自分が評価されるのは休まずに働くことだと考えており、結衣の要領の良さを羨んでいました。それを聞いた結衣は自分が定時で帰るようになった理由を話し始めました。

結衣は新卒で大手の旅行代理店に入社しましたが、仕事は大変で残業ばかりしていました。入社して半年経った頃、階段から落ちて頭を打って意識不明の重体に。奇跡的に目を覚ました結衣は誰に何を言われても気にせず、楽に行こうと決意したと言うのです。それを聞いた佳菜子は心を入れ替えて頑張ろうと思うのでした。

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of