まんぷくのあらすじと感想まとめ。見逃し配信情報も掲載中

まんぷく 第112話(2/13放送)の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

今や私たちの生活に欠かせない『インスタントラーメン』を発明した夫婦の物語です。立花家の生活費が尽き始めていたことを察した真一が、なんとお金を貸してくれることになりました。ただし、萬平が作ったラーメンを、食べさせてもらえることが条件でした。

まんぷくのあらすじと感想まとめ。見逃し配信情報も掲載中 まんぷく 第112話(2/13放送)が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
本ページの情報は、2019年02月14日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

まんぷく 第112話(2/13放送)のあらすじ・見どころ

萬平が作った最も新しいラーメンは、真一にも好評を得ました。
しかし、萬平の探究心は止まりません。
今度は一番美味しい麺になるように、生地から改めて研究することにしたのです。

まず、練水とかん水に含まれるかん水と、食塩の量の配合を変えてみたり、麺の太さも色々作ってみました。
麺の蒸し時間やスープエキスの濃さ、麺を干す時間も改めて考えてみたのです。
その結果、美味しいラーメンが出来上がったのですが、まだまだ完成ではないようです。
ラーメンが一番美味しくなるための油の研究が残っていました。
菜種油、大豆油、オリーブオイルなど、色々試した結果…ラードとごま油を使ったパターンが一番美味しいことがわかりました。
しかも、ラードは酸化しにくいので、長期保存に適しています…!

ということで、ついに!即席ラーメンが完成したのです!

即席ラーメンの試食会は、早速香田家とパーラー白薔薇で開催されました。
皆の目の前にあるものは、屋台のラーメンとも、中華料理屋でみるラーメンとも違う、茶色の乾いた麺のかたまりでした。
萬平と福子は、ラーメンを作る際に課した「5つの条件」を皆の前で発表しました。

「美味しいこと」「便利なこと」「常温で保存できること」「安いこと」「安心なこと」

そして、萬平はそれに加えて新しい条件を課しました。
それは、「ここにいる全員が美味しいと言ってくれること」でした。
もし誰か一人でも美味しくないと言えば、最初から全部作り直しになります。
それを踏まえて、試食が始まりました。

すると…みな口々に「美味しい!」と言うではありませんか!
ラーメンになかなか難色を示していた鈴と世良も、その美味しさに驚き、感動するほどでした。即席ラーメンの試食会は両会場で大成功!萬平は福子からの連絡を受け、嬉しくなって思わず香田家の庭で転がってバンザイをし始めました。
これで、本当に本当にラーメンの完成です!

その夜、立花家の皆でラーメンのネーミングを考えていました。
このラーメンを食べた人たちが皆幸せになるような名前…ということで、福子が考えた「まんぷく」ラーメンというアイデアが採用されます。
「萬平」と「福子」で「まんぷく」。
即席ラーメンの商品名は「まんぷくラーメン」に決定です!

そこに、ラーメンの完成を聞きつけた真一がやってきました。
完成したラーメンを食べて、真一は改めて二人がすごいものを発明したと、感心しました。
しかし、次の瞬間、真一は「うーん…」と考え込んでしまったのです。
何やら思いつめた表情をしている新一、一体どうしたのでしょう…?

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of