まんぷくのあらすじと感想まとめ。見逃し配信情報も掲載中

まんぷく 第105話(2/5放送)の見逃し動画無料案内とネタバレはこちら

今や私たちの生活に欠かせない『インスタントラーメン』を発明した夫婦の物語です。新しく萬平が考えた、麺をスープエキスに浸して味を付ける方法はまた失敗に終わりました。香田家でも、モデルの秀子が家族を不安に陥れているのでした…。

まんぷくのあらすじと感想まとめ。見逃し配信情報も掲載中 まんぷく 第105話(2/5放送)が配信されてるVODは?

U-NEXT
FODプレミアム
Hulu
dTV
NETFLIX
ビデオマーケット
本ページの情報は、2019年02月06日時点の情報です。最新の配信状況は 各サービスサイトにてご確認ください。

U-NEXTには31日間の無料お試しキャンペーン期間があります!さらに、無料期間中に解約することもできるのでおすすめです!

U-NEXTを31日間無料で試すにはこちら!

まんぷく 第105話(2/5放送)のあらすじ・見どころ

萬平が次に作った麺を福子に食べさせました。
すると、その麺が美味しいことに福子は驚きます。
萬平は、そもそも麺に味を染み込ませるということが間違いだということに気づき、麺の表面にだけ味をつけ、それがお湯に溶け出せば美味しいスープになるということを発見したのです。そんな簡単なことに気づくのに二ヶ月もかかってしまいましたが、美味しい麺が出来上がりました。次の課題は、それをどうやって常温で保存するかです。
すると、福子が麺を塩漬けにしてはどうかとアイデアを出し、それを試してみることにしました。

それから数日後、香田家である事件が起こったのです…。
家には相変わらずモデルの秀子がやってきていました。
忠彦は、自分の眼が戦争でやられてしまい、赤と緑の区別がつかないことを話します。
秀子は忠彦の経験を聞いて、悲劇の中から芸術が生み出されることにひどく感動しました。
そして、それだけではなく、忠彦に色使いだけではなく、絵そのものの概念をぶち壊すのだと言って突然踊り始めたのです…!!!!
大音量で音楽をかけて踊りながら「先生!今の私を描いて!」と言う秀子の行動は皆、全く理解できませんでした…。

立花家では、また源が友達と喧嘩をして帰ってきていました。
相手の親が家まで来て、福子は平謝りです。
二人は学校でラーメン、小ラーメンというあだ名を付けられていると言いました。
しかし、福子は萬平の即席ラーメンが完成すれば誰も馬鹿にしなくなり、むしろ二人をラーメン様と尊敬すると言って二人を笑わせました。

白薔薇では、神部、岡、森本の三人が萬平の研究について話していました。
すると、そこに仕事帰りの吉乃が福子を訪ねてやってきます。
あいにく福子は店にはおらず、神部に呼ばれて相席することになりました。
すると、吉乃の姿を見た岡と森本が固まってしまったではありませんか!

そして、常温で保存するために塩漬けにした麺は…勿論失敗です。
しかし、二人は諦めずにどんどん先へ進んでいきます!

この記事を読んだ人が読んでいる記事

コメントを投稿する

avatar
  Subscribe  
Notify of